花魁道中いろは唄~外伝~ 焦土に咲く華、天仰ぎ 二話

 ♂×3 ♀×5 / 白鷹

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

所要時間:160分程度
利用規約をお読みいただきご利用下さい。

2019/3/2 利用規約を改訂しました。必ず読んでから上演をお願いいたします。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

◆登場人物◆

陽炎(かげろう) ♀ 20歳

大見世、角名賀楼の現お職。華屋のお職筋としても通用する程の所作と芸事、頭の良さを備え持つ。

美しさは群を抜いており傾城と呼ばれる椿と張り合う程の美貌を持っている。

性格は怜悧狡猾で機転が早く、物事の先を予想する事が出来る為厄介。人の弱みを握る事を趣味としており懐の備忘録には様々な人間の悪事が記載されている。常に人を煽る性分。

 

十六夜(いざよい) ♀ 26歳

大見世、角名賀楼の元お職。妹花魁の氷雨が自刃で亡くなった為、責任を負わされお職を剥奪される。

美しく色気があり武家と公家に多く客を持つが、ある性質に悩まされている。本来は情に厚く優しい女だが、自己の責任の為に常に厳しくあろうと努力する女性。お職から降りた後はひっそりと慎ましやかに生きたいと願っているが、陽炎とそりが合わず、彼女の激しい性格に脅かされており恐怖すら覚えている。

 

牡丹(ぼたん) ♀ 25歳

若山随一の大見世、華屋のお職であり椿の姐女郎。華やかな色気と優しさと雅さで道中を歩けば大輪の花の様だと男達を沸かせる。しなやかな色気の反面気風の良さを併せ持っており、自身の見世に害が及ぶと怒鳴り込む事もある。正義感が強く心根も優しいので汚濁したものを見ると非常に驚き、気分を害するところもある。

 

椿(つばき) ♀ 19歳

大見世華屋の花魁。牡丹に次ぐ花魁であり次代お職の肩書を持つ。八歳の時に若山に売られて以来引っ込み禿として外部は勿論、見世の内部の者達にも隠してお育てられた。元来の美しさと見た感じの可愛らしさで男の気を引く。

芯の通ったしっかり者で、頭の回転が早く根付く性格は非常に厳しい。蓮太郎と恋仲にある。

 

蓮太郎(れんたろう) ♂ 19歳

華屋の若衆で料理番。生真面目で自他共に厳しく真面目な性格だが椿に関してはかなり緩い。

華屋の元お職でもあった石楠花花魁の産んだ青年で大変な美形であり、よく陰間と間違われる。正義感が強く、冷たい表面とは裏腹にとても優しい。が、感情表現が苦手。

女将(おかみ) ♀ 31歳

華屋の楼主兼美人女将。見世の経営を遣り手任せにはせず自らもせわしなく働く。

自分の見世の女郎たちをとても可愛がっており、何か女郎が失敗した時なども身体に傷を付けない為に折檻はせず、仕置き部屋に閉じ込める程度で済ませるなど、大切にしている。

 

凪(なぎ) ♂ 38歳

若山創業以来の老舗角名賀楼の楼主。これぞ忘八と言えるほど史実に忠実な楼閣の楼主。

酒、博打、女、花魁食いなどに現を抜かし、見世の切り盛りは己の女房と高齢の遣り手婆に任せて放蕩を続ける。

年相応ではあるが男前でモテる為、様々な女郎や花魁などは楼主の肩書と共に魅力を感じており、目を掛けられる事を良しとする。ただし、自分の欲求に素直で堪え性はない。

 

司波 流燈(しば りゅうと) ♂ 32歳

 

上方下りの医者。京の公家に奉公していたが忍虎との密命の為尾張に下る。

名医で高名。見立ては確かで禁令を言い渡されている蘭方なども密かに学んでいる為西洋医学にも詳しく知識量が膨大。華屋椿の馴染客。禿時代から椿をみており、新造出しの費用を出した。初見世も狙っていたが折悪く、江戸の御殿医に呼ばれていた為初見世を逃した。

――――――――

役表

 

陽炎 (♀)・・・

十六夜(♀)・・・

牡丹 (♀)・・・

椿  (♀)・・・

蓮太郎(♂)・・・

女将 (♀)・・・

凪  (♂)・・・

流燈 (♂)・・・

――――――――――――――――――――――――
 

流燈 「右目はもう使い物にならしまへん。判っとらはると思いますが、右目が利かんちゅう事はいずれ左目もあかんようにならはります。命に別状はあらしまへんが、目ぇに勝る感覚を身に付けな生きるんに支障きたします」
隼人 「・・・」
流燈 「忍虎(かげとら)はんの同郷や言わはるんでただで診さして貰いましたが、どないな事情でこないな怪我しはりましたんどす?」
隼人 「・・・」
流燈 「・・・、寝とる・・・。手裏剣・・・。忍虎(かげとら)はんが忍びなんちゅう話、今まで聞いた事ありまへんな」

 

 

 

 

流燈 「牡丹花魁も椿はんも病気や妊娠の心配はありまへん。他の花魁11名も診させて貰いましたが問題あらしまへんどした」
女将 「あぁ、良かった。毎月司波先生の診察日は冷や冷やしますよ」
流燈 「客の選別が上手なんどすな、遣り手はんもよう見抜きはる」
女将 「優秀ですよ、ウチに務める者はみんなね。遣り手も番頭も若衆も・・・、ん?」
流燈 「どないしはりました?」
女将 「牡丹、お前顔色悪いんじゃないかい?」
牡丹 「え?! そ、そんな事ありんせん?」
流燈 「血ぃがちょい薄なってはります。あんまりふらつく様なら夜見世も休んで2、3日しっかり寝た方がよろしおす」
牡丹 「2、3日ってそんなに休んだらおまんまの食い上げでありんす」
流燈 「死んだらおまんまも食えしまへん」
女将 「病気の心配はないって今言ったじゃないかい」
流燈 「病気やあらしまへん。疲労どす」
牡丹 「行水でもないのに夜見世の見上がりなん出来んせん」
流燈 「医者の言う事聞けへん言わはりますか」
牡丹 「けんど・・・」
流燈 「ほなら煙草吸うんをやめなはれ」
牡丹 「げっ!」
女将 「まぁねぇ、吸い過ぎだからねぇ」
椿  「流燈先生の言う通りでありんす」
牡丹 「煙草は・・・、あの、でも」
流燈 「あれはダメ、これもダメ言わはるんならもう牡丹花魁の診察は出来まへん」
牡丹 「あ・・・、それは、困りんす」
椿  「どっちみち倒れたら二日や三日じゃ済まないかもしれんのに、今言う事聞いといた方がいいと思いんす」
女将 「仕方ないね、少し休みな」
牡丹 「うー・・・」
流燈 「椿はんかて嫌がらせ言わはっとる訳やありまへん。妹にまで心配かけはるんはどないや思いますわ」
椿  「そうだそうだ」
流燈 「椿はん、まんじゅう四つ目」
椿  「流燈先生も食べう?」
流燈 「いりまへん。甘いもんばかり食べんと口さみしいなら煮干しでもかじったらどないでっしゃろ?」
椿  「煮干し苦いから嫌いでありんす、あ痛っ! 叩かれたぁ・・・」
流燈 「無駄に肥えよせんで、きちんと栄養のあるもん食べなはれ」
椿  「お母さん! 扇子も凶器でありんす! 持ち込み禁止」
女将 「扇子で叩かれて死ぬもんかい。馬鹿を通り越して頭が良くなるかもしれないねぇ」
椿  「酷い・・・」
女将 「それで? 先生、今日は見世に登楼りますか?」
流燈 「登楼りまひょか。蓮太郎さんとこ寄らして貰うんはまた今度にしときます」
牡丹 「蓮太郎のとこ? なんで?」
女将 「椿の食事の事だよ。こまめに色々指導してるんだ」
牡丹 「敵娼(あいかた)は別格でありんすな」
流燈 「椿はんに倒れられたら、仕事も手ぇ着かんようなりますわ」
女将 「惚れ込んでるねぇ」
牡丹 「禿時代からの馴染みでありんすから。本当にいいおきちゃを捕まえんしたな」
椿  「へへ、流燈先生は好き」
流燈 「嬉しい事いってくらはりますな」
牡丹 「名医で男前なんてそうそうおりんせんからな」
流燈 「褒めても今袂に入っとるんは薬だけどすえ?」
女将 「その日に聞いてすぐに華屋に登楼る方のお袖は重たいもんですよ」
流燈 「遊郭っちゅうのは恐ろし所ですわ。ほな、牡丹花魁の診察もまた今度部屋でしますわ」
女将 「牡丹の診察・・・? 部屋でって、個人的にですか?」
流燈 「なぁんも怪し事考えとりゃしまへん、何疑ってまんのや」
女将 「いえ、病気でないと言いながら血が薄いだの、問題ないと言って改めて診察だの言われれば気になりますよ」
流燈 「牡丹花魁は至って健康的ですよ。疲れが溜まるんは仕事がら仕方あらへん」
椿  「じゃあ、なんで牡丹姐さんとお話?」
牡丹 「椿・・・、やきもち妬かんでも大丈夫でありんすよ」
流燈 「なんやて?」
牡丹 「やきもち、悋気、嫉妬でありんすよ」
流燈 「椿はんがアテ相手にヤキモチ妬いてはる?」
牡丹 「信じられんかもしれんせんけんど、司波先生の事になると椿はヤキモチも妬くし心配もしんす」
流燈 「遊女の手管っちゅうんはおそろしもんですわ」
牡丹 「先生? ほら」
椿  「ぶっ!」
牡丹 「椿のこのぶすくれた顔見てくんなんし。こんな顔蓮太郎くらいにしかしんせんよ」
流燈 「ほなら信じる事にしまひょか」
椿  「牡丹姐さんと何のお話しんすか?」
流燈 「行水が毎度重い言わはるんでその原因を診るだけどす。内診言うてな、ちょい女淫中に手ぇ入れるんで人前ではでけへんのや」
椿  「え?! 中に、手って・・・、嫌!」
流燈 「嬉し思いますけど堪忍しておくれやす。仕事やからやらし気持ちはこれっぽっちもあらしまへんわ」
椿  「本当に・・・?」
流燈 「あらしまへん。ややこ産まはる時もそないして確かめます」
椿  「ややこ? あ、そっか・・・」
流燈 「納得してくらはりました?」
椿  「うん」

 

蓮太郎「角名賀楼の凪さん」
凪  「ん?なんでぇ・・・、・・・ん? 誰かと思ったら華屋の料理頭か、氷雨を自刃に追い込んだ」
蓮太郎「嫌な言い方をしますね、勝手に入れあげて勝手に裏切られたと思い込んで自害したのに、俺に責任がありますか」
凪  「期待させる方にも問題あるわな」
蓮太郎「期待させた覚えもないんですが、まぁ、育て上げた花魁が亡くなったんですから逆恨みも判らなくはありません」
凪  「で? なんだ。お前さんが氷雨の借金を払ってくれるんかい? 200両」
蓮太郎「・・・、一介の若衆に払える金額ではない事をご存知でも、椿花魁と懇意にしているならそれ位の蓄えがあるかもしれないと踏んだんでしょうが」
凪  「払えないってなら俺に用事はねえよ」
蓮太郎「(判りやすい腐り方だな・・・)」
凪  「あん?」
蓮太郎「いいえ、なんでもありません。それに200両は吹っ掛けすぎでしょう。華屋への詫代50両と未払い95両で145両ですよ」
凪  「145両が200両に増えたって大した違いねえだろう」
蓮太郎「はぁ・・・(溜め息)。相当違いますね。目算を誤っていました。十両程持って参りましたがこの程度ではどうにもならないようなので一旦考え直します。失礼します」
凪  「あ?十両?いや、ちょっと待て」
蓮太郎「何でしょう」
凪  「お前さんただの若衆だろうが。十両なんて大金どうしたんだ」
蓮太郎「幼少期から華屋の楼主(ろうしゅ)に付いて働いています。今は華屋で料理頭を預かっていますので相応に稼いだ金です。やましい金ではありません」
凪  「ケチな商人(あきんど)より稼ぐな」
蓮太郎「年の割に稼いでいるという自負はありますが、ともかくこの程度では何ともならない事が判ったので失礼します」
凪  「その十両で、何しようってんだ」
蓮太郎「大変失礼かと思いましたが用事があったので昨夜の出掛け先を確認させて頂きました」
凪  「昨夜は賭場に居たさ」
蓮太郎「帰りに湯屋で酒を煽って乱交を働いたそうですが」
凪  「なんだお前、それで俺の弱味を握ったと思ってんじゃねえだろうな」
蓮太郎「いいえ。その程度遊びの範疇でしょう。ただ、そんな荒れ方をするというなら負けたのではないか、と」
凪  「うるせえな」
蓮太郎「賭場にツケが溜まっていれば出入りしにくくなる。この十両が払いにならないかと思いまして」
凪  「は?」
蓮太郎「博打の損害を払います、と言っているんです」
凪  「金を?いやいや待て、どうしてお前が? なんだ? 金貸しの真似事か? いや、そんな訳ねえな。ウチの花魁の誰かに気があるとかか? いや椿花魁に敵う様な女は今の所いないな。陽炎? 違うな、陽炎なら本人に直接言った方がいい。十両だぞ? そんな簡単に出せる金じゃねえ」
蓮太郎「憶測がダダ漏れですよ?多分、考えても判らないでしょう」
凪  「ただじゃねえだろう」
蓮太郎「当然です」
凪  「じゃ、なんだ」
蓮太郎「余り大事にしたくないので、出来れば角名賀の内証で話を出来ませんか」
凪  「ま、まあ、そうだな。は、話は聞いてやる。金は、本当に持って来てるんだろうな?」
蓮太郎「前金で3両払いましょうか?残りは話が終わった後で」
凪  「お、おう。3両早く出せ」
蓮太郎「どうぞ」
凪  「・・、本気で、出しやがった」
蓮太郎「疑って当然でしょうね」
凪  「見世行く前に一つ言っとくがよ」
蓮太郎「はい」
凪  「俺を殺したりしたら、お前さん罪がでかいぜ」
蓮太郎「でしょうね」
凪  「茶は、飲むか」
蓮太郎「もてなしは結構です。ここに俺が来ている事を人に知られるのはお互い何の得にもならないでしょう」
凪  「だな・・・。じゃあ、手っ取り早く用件を言え」
蓮太郎「帳簿を、見せて頂きたいんです」
凪  「・・・は?帳簿って・・・、ば、馬鹿野郎!見世の帳簿を他の見世の若衆に見せる訳ねえだろうが!」
蓮太郎「でしょうね」
凪  「何言い出すかと思ったら、とんでもねえ頓珍漢だ」
蓮太郎「判っているからこその十両です」
凪  「無茶を金で通そうってのか。なんだ?なんで若衆が帳簿なんざ見たがる。・・・、まさか、華屋女将の差し金か」
蓮太郎「いいえ、この件は女将に知らせる積もりはありません」
凪  「・・・(ほっとする)。じゃなんでだ。そんなもん見たって一文の得にもならねえだろうが」
蓮太郎「女将に知られたくない方の帳簿ではありません」
凪  「そ、そうか・・・」
蓮太郎「裏帳簿があるんですね」
凪  「だっ!この!クソが!」
蓮太郎「落ち着いてください」
凪  「お前のせいだろうが!」
蓮太郎「そうですね、済みません。俺が見たいのは十年前の大福帳です」
凪  「十年前?」
蓮太郎「現在、角名賀が裏帳簿でどんな誤魔化しをしてあなたがどれだけ私腹を肥やしていようが、俺には関係ありませんから」
凪  「十年前、ってえと」
蓮太郎「陽炎花魁が売られて来た時の状況を知りたいんです」
凪  「陽炎?そりゃ買ったのは確かに十年前だが、なんでそんな事知りたいんだ」
蓮太郎「理由が必要ですか?」
凪  「華屋に売られる筈だった陽炎を、ちょっと色付けてウチが買い取った事なんざ今更だぜ?」
蓮太郎「そうなんですね。売られたのが華屋でなくて良かったです
凪  「お前さん、何を調べたいんだ」
蓮太郎「・・・、見せて頂けないというなら残りの7両はなかった事にして下さい」
凪  「いや、まあ、そんなもん見せたって痛む腹もねえよ。ちょっと待ってな」
蓮太郎「ああ、済みません。今、陽炎花魁は?」
凪  「昼見世だが珍しく客が付いたんでな。仕事中だ」
蓮太郎「ありがとうございます」
凪  「椿花魁に飽きたのか?氷雨には興味なかったが陽炎の間夫になろうってんじゃないだろうな」
蓮太郎「興味ありません」
凪  「ほらよ、これが十年前の大福帳だ。陽炎の事をあれこれ嗅ぎ回って落とそうってんじゃねえのか」
蓮太郎「ありがとうございます。当て推量で判る事ではありませんので、理由に付いては諦めて下さい」
凪  「まあ、いいけどよ」

 

蓮太郎(M)「借金なし、買い付け金20両。借金無・・・?椿の話だと自身の家出だと言っていたが・・・。女衒歳門司屋(さいもんじや)佐助に支払い。歳門司屋(さいもんじや)・・・。東海道の宿場を根城にしている山根組女衒の一人か。
それなら伝手がない訳でもない。状況を詳しく・・・」

 

凪  「(くんくん匂い嗅ぐ)」

蓮太郎「・・・っ?」
凪  「・・・、お前ぇさん、いー匂いしてんなぁ・・・」
蓮太郎「は? ぇ、・・・、あの、なんでしょう?」
凪  「いや、女とは言え氷雨が狂ったのも理解は出来るなぁと思ってよ」
蓮太郎「仰っている意味が良く判りません。息が懸かる程傍に寄らないで下さい」
凪  「お前さん、この金若衆で稼いだ金じゃねえだろう」
蓮太郎「・・・、何で稼いだ、と?」
凪  「華屋の楼主(ろうしゅ)の気に入りってのも領ける」
蓮太郎「もう少し、離れて下さい」
凪  「華屋の楼主(ろうしゅ)も俺は清廉潔白ですって顔でやりやがる」
蓮太郎「楼主(おやかた)の悪口は控えて頂けますか。血が繋がっていないとは言え育てて頂いた恩があります」
凪  「その恩義に、体で応えてたって訳か」
蓮太郎「・・・な・・・」
凪  「お前さん、こっそり商売してんだろう?華屋の客は羽振りがいいからな。祝儀はたんまり貰えるだろう?」
蓮太郎「華屋で許可なく商売などしたら解雇か死罪ですよ」
凪  「ほお・・・?じゃあ、どっか別の陰間茶屋で世話になってるのか?」
蓮太郎「触らないで戴けますか」
凪  「ケチ臭い事言うんじゃねえよ。何の用かと思えば古い帳簿を見たいってだけだ。そんなら十両もの金を払う必要もない。華屋の楼主(ろうしゅ)が女将と祝言を挙げたってのも便宜上の話だって聞いてる。あんな別嬪に手出しもしねぇってのはおかしな話だと思ってたが、何の事はない衆道だったって考えりゃ納得も出来るってなもんだ。お前さんだってこんな綺麗な顔で華奢な体付きで男を咥え込んだ事がねえなんて言うなよ? 何、悪い様にはしねえよ、時々こうしてここにくりゃ小遣いだってやるし、帳簿を見たけりゃ見せてやる。なんなら裏帳簿だって・・・、がっ!!!」
蓮太郎「触るな、と言いました」
凪  「な、何しやがんでえ!!」
蓮太郎「何をすると問いたいのはこっちです。もう一発お見舞いしましょうか?今度は拳でなく蹴りでも肘でも」
凪  「ちょ、や、待て!ぐはっ!」
蓮太郎「約束の7両です。調べたい事は済みました。失礼します」

 

 

 

 

蓮太郎「海藻・・・、ひじきの煮付けやワカメの酢の物とかですね」
流燈 「ほっそりしてはるから肥えたいんは判るんどすけど、主食が甘いもんやと他の病気招きかねまへん」
蓮太郎「や、主食はちゃんと米や魚食べてます。むしろ人一倍」
流燈 「アテからいうても聞かへんからな、蓮太郎さんから言うておくれやす」
蓮太郎「何を?」
流燈 「年も二十歳に近付いてふっくらしてきはりました。そないに滅茶苦茶に食わへんでも十分綺麗どすえ、て」
蓮太郎「ぅ・・・、それは、椿の身体を見た事ない俺が言っても説得力がありませんよ」
流燈 「は?」
蓮太郎「いえ、あの、間夫って言われてますけど、その、契った訳じゃないので」
流燈 「そら、そうでっしゃろ」
蓮太郎「じゃ、なんで」
流燈 「蓮太郎さん、助平どすな」
蓮太郎「げほんっ! なんで! 今そういう事してないって言ったばっかりじゃないですか」
流燈 「ふっくらして綺麗やなん顔で判りますやろ」
蓮太郎「・・・っ?!」
流燈 「危なっかしいなぁ」
蓮太郎「別に、危ない事なんか」
流燈 「まぁ、そういう年齢やから判らん事もあらしまへんけど、上手な息の抜き方覚えんと年季明けまで辛いおまへんか」
蓮太郎「息抜きなんか、別に」
流燈 「気持ちは判りますけど、妥協しはった方がええどすえ?」
蓮太郎「椿以外に、興味ありません」
流燈 「心と身体は別もんや。例え一時期喧嘩する事になっても、命賭けて交合いたい思うよりは安全でっしゃろ」
蓮太郎「依怙地だと呆れられても、無理なんです」
流燈 「既に、喧嘩してはるんどすか?」
蓮太郎「・・・、司波先生はどうしてそこまで判るんですか」
流燈 「ほんまに喧嘩しとったんかいな・・・。本気半分のカマかけやったけど、相当追い詰められとりますな」
蓮太郎「椿が、そういうのを望んでるんです。だからこそ俺がしっかり留めないと、なし崩しになって行きそうで」
流燈 「弱りましたなぁ・・・。性欲っちゅうんは抑えてどうにかなるもんちゃいます。城も国も滅ぼしかねない代物どすえ?」
蓮太郎「大袈裟です」
流燈 「傾城や傾国、絶世言うんは誇張やあらしまへん。命くらい簡単にかけられるんどすえ?」
蓮太郎「肝に命じておきます」
流燈 「頑固もんどすわ。それと全く話変わりますけど、蓮太郎さんは忍虎(かげとら)はんの素性どこまで知っとりますのん?」
蓮太郎「多分、司波先生と大して変わりません、なんでですか?」
流燈 「先日、忍虎(かげとら)はんと同郷の出やとかいう若者を一人、助けたんどす」
蓮太郎「助けた?」
流燈 「三日ほど世話したら置手紙と銀5匁置いて留守中に出て行かはりました」
蓮太郎「どういう人だったんですか?」
流燈 「同郷の出やったら同心仲間や思て助けたんやけど、右目を手裏剣で刺されとりました」
蓮太郎「・・・っ! あいつ!」
流燈 「知り合いどすか?」
蓮太郎「仲間なんかじゃありません。むしろ敵です」
流燈 「敵・・・、紀州の者どすか?」
蓮太郎「楼主(おやかた)を殺しました。破傷風の毒素を吹き矢で打ち込んだ、と」
流燈 「そりゃあ、えらい者助けてしまいましたわ。ほんなら、あの手裏剣は蓮太郎さんが投げたんどすか」
蓮太郎「・・・、はい」
流燈 「そないな顔せんと、仇打ちの一つやありまへんか」
蓮太郎「私怨で、人を殺そうとしました」
流燈 「心が柔らかいんどすな・・・。アテなんかはもうそない純粋な気持ち、凍て付いてますわ」
蓮太郎「先生は、救う立場の人じゃないですか」
流燈 「・・・、蓮太郎さん」
蓮太郎「なんですか?」
流燈 「これ、持ってみなはれ」
蓮太郎「先生の・・・、下駄? ・・・っ、どわっ! 重っ?!」
流燈 「鉄下駄どす」
蓮太郎「鉄・・・、下駄?なんで・・・?」
流燈 「そないなもんで頭蹴り飛ばしたら大概死にますわ」
蓮太郎「・・・? でしょうね」
流燈 「手ぇで命救って、足で殺すんやから世話ないでっしゃろ?」
蓮太郎「・・・」
流燈 「ほな、アテはこれから角名賀と手鞠屋行ってきますわ」

 

 

 

 

牡丹 「いい天気でありんすな、十六夜」
十六夜「牡丹、昼中に呼び出して済まぬ事をしんした」
牡丹 「何を今更、わっちも世話になっておりんす。相談と聞いて放ってはおけん」
十六夜「貰い物で申し訳ありんせんが、江戸土産で煎餅を貰ったのでな。良ければ持って行ってくりゃれ。確か好きじゃった筈」

牡丹 「そんな、手土産まで・・・。余程大切な話なんでありんすな」
十六夜「己の至らぬ有様を人様に話すんは恥じゃと思うが・・・」
牡丹 「判りんした、ここで聞いた話決して人に漏らしはしんせん」
十六夜「済まぬ」
牡丹 「それで、話とは」
十六夜「妹の事じゃ」
牡丹 「妹・・・、先(せん)だってお職を襲名した陽炎花魁と話をしんした」
十六夜「陽炎と?なんぞ・・・、おかしな事を申してはおるまいか」
牡丹 「・・・それが」
十六夜「申したのじゃな?なんと?わっちの事か、それとも」
牡丹 「おなご好きでありんすな」
十六夜「え? あ・・・、ああ。そう・・・、いかにもその通りじゃ」
牡丹 「わっちの妹に手を出そうとしんした」
十六夜「妹?まさか、椿花魁に・・・?」
牡丹 「そのまさかでありんす。若衆・・・、蓮太郎が共におりんしたのを言葉巧みに椿だけを茶屋の二階に連れて行きんしてな」
十六夜「なんて事・・・! なんという事を!先の氷雨の件に加えて陽炎まで! わっちは華屋に・・・、椿花魁にも申し訳がたたん!椿花魁は無事じゃったのだろうか?!」
牡丹 「無事・・・、とは言い難いでありんすな。随分な陵辱を受けた様でありんす。恥辱故詳しくは話さけんど、何も話さないというのはそれだけ辱めを受けたのでありんしょうな」
十六夜「どうすれば良いのじゃ・・・。事が事だけに楼主(おやかた)に話すのは憚られる」
牡丹 「今の所は陽炎花魁には十分な注意を払い、近付かん様にしておりんす。わっちからこの様な事を申し上げるんもいかなものかとは思いんすが、謝罪と言うなら椿は幾許かの金子で納得しんしょう・・・」
十六夜「金子で・・・、そうか、それならわっちの虎の子で何とかできんすな。椿花魁に直接話を出来んせんか」
牡丹 「椿は角名賀を警戒しておりんす。理由はご存知でありんしょう?」
十六夜「氷雨の件もありんすからな。けんど、手紙と金子ではどう落ち着いたのか判らぬ」
牡丹 「わっちと・・・、蓮太郎が同席しても良いなら椿も否やはないと思いんす」
十六夜「なれば、後日席を設けて戴けぬか」
牡丹 「話してみんしょう。返事の如何(いかん)はまだ何とも言えんせん」
十六夜「無論じゃ」
牡丹 「・・・、苦労、しておりんすな。十六夜」
十六夜「・・・わっちは、どうやら妹を育てるんが下手な様じゃ。牡丹花魁の様にきちっとした気概の妹にさせてやれぬ」
牡丹 「わっちは、参考になりんせん」
十六夜「華屋は、素晴らしいおなごを次々に輩出しておりんす」
牡丹 「元々椿は見世の引っ込みだった故、わっちの所へ奉公に来た時は、一通りの所作(しょさ)と芸事、教養を身に付けておりんした。わっちでも太刀打ち出来ん程の」
十六夜「引っ込みじゃったのか・・・」
牡丹 「上手い下手関わらず、機転の利く性質や愛矯に加えてあの美貌でありんす。言葉も敢えて廓言葉に直す必要があるのかと思う程綺麗な言葉を話しんした」
十六夜「訛りを隠すだけではありんせん。廓言葉は情緒として必要でありんしょ?」
牡丹 「未だに気を抜くと普通の言葉になってしまいんすよ」
十六夜「けんど、他にも妹がおりんしょう?」
牡丹 「桔梗と百合、菜々と躑躅(つつじ)を育てておりんす。百合は元々華屋女将の秘蔵っ子でありんすからやはり頭も良く所作(しょさ)は郡をぬいておりんす。全てが全てわっちの手柄という訳ではありんせん」
十六夜「謙遜じゃな・・・。桔梗という新造も素晴らしい出来映えじゃと聞いておりんす」
牡丹 「まあ・・・、わっちも仮にもお職でありんすからな。見世の恥になる妹は出せん」
十六夜「4人も見ておるのか」
牡丹 「とは言えお職を張れる素質があるのは百合1人だけでありんすよ」
十六夜「わっちは、元々体力がなくてな、2人を見るのがようやっとでありんした」
牡丹 「二人・・・、氷雨花魁が自刃して残るは陽炎花魁でありんすか」
十六夜「そう」
牡丹 「一つ、言うのは憚られんすが、氷雨花魁は恋慕に身を投じて自刃など余り賢い性質ではなかったでありんしょ?」
十六夜「そうじゃな・・・。言えば理解はする、けんど己で考える力を持たん。余り頭は良くなかったが素直だったのじゃ」
牡丹 「人として誉れといわれようが、素直で正直ではお職として通用せん」
十六夜「騙し騙されるこの廓に於いては不要のものじゃとは判っておったのじゃ」
牡丹 「判っていながら何ゆえ、氷雨花魁をお職候補に挙げんした?わっちから見れば多少歪んではおるものの陽炎花魁の方が遊廓で行き抜く気概も根性も、狡さも持ち合わせておりんしょう? 見世の看板を背負うのに不足はない筈でありんす」
十六夜「・・・随分悩みんした」
牡丹 「歪んだ性癖のせいで? けんど仕事に支障をきたさなければ問題のない程度」
十六夜「陽炎は胸の内に鬼を飼っておりんす」
牡丹 「鬼・・・?」
十六夜「あれはおそらく角名賀の中でも素晴らしく秀でた女でありんしょう」
牡丹 「鬼とは?」
十六夜「いや、毒を孕んでおるというか」
牡丹 「とんでもない言い草でありんすな」
十六夜「誰しも皆、わっちの次は陽炎じゃと思うておったじゃろうな。当の本人も疑ってはおらなんだ」
牡丹 「それを何故覆んした」
十六夜「怖かったのじゃ」
牡丹 「怖い?妹が?」
十六夜「あれは、本来華屋に連れて行かれる筈の女だったそうじゃ」
牡丹 「え」
十六夜「何の因果か角名賀楼に買い取られ今に至る」
牡丹 「ごめんなんし、十六夜。怖い、とはどういう事でありんしょうか」
十六夜「あれを怒らせてはならん。恨みを買ってもならん。敵に回しても、機嫌を損ねるのもじゃ」
牡丹 「激しい気性でありんすか」
十六夜「激しい上に姑息で頭が切れる」
牡丹 「気鬱の病に罹りそうでありんすな」
十六夜「陽炎に隙を見せてはならん。見せたその瞬間、己の手足とする」
牡丹 「・・・、恐れるのはよう判りんした。わっちも隙を見せんようにせんとなりんせんな」
十六夜「わっちはもうすぐで年季が明ける。わっちの目が陽炎に届かなくなった場合、どうなる事かと心配でな」
牡丹 「もしかして、十六夜が年季を開けた後の角名賀をわっちに牽制して欲しいということでありんすか?」
十六夜「いかにも」
牡丹 「十六夜・・・。それはわっちにどうこう言える問題ではありんせん。頼み処を間違っておりんす。角名賀の事は角名賀の楼主(ろうしゅ)に頼みなんし」
十六夜「角名賀の楼主(おやかた)は・・・、正直頼れるお人柄ではない」
牡丹 「楼主(ろうしゅ)は本来忘八であるが故、遊び狂うと言いんすからな。無理だと言うなら、総名主でもある華屋の女将に相談するのがいいと思いんす」
十六夜「総名主の・・・?! とんでもない!!」
牡丹 「けんどわっちもお職とはいえ華屋のイチ花魁でありんす。あい判りんしたと請け負うには荷が勝ち過ぎる」
十六夜「もう、頼める人がおらんのじゃ」
牡丹 「請け負う事は出来んせん。けんど、頼むに相応しい人を探しんす。今すぐどうこうという訳じゃないのならもう少し待ってくんなんし」
十六夜「牡丹・・・」
牡丹 「考え詰め過ぎては視野も狭まりんす。少し、休みなんし」
十六夜「急いては事を仕損じる、か」
牡丹 「何事も、焦りのままに動いては盲目になりがち。この件はもう少しゆっくりと考えんしょう」

 

 

 

 

凪  「こんにちは、女将さん。先程、禿が茶と菓子を持ってきてくれたんで戴いてますよ」
女将 「結構ですよ。お待たせしまして申し訳ありませんでした。今度、牡丹の枕固めがあるんで、座敷の打ち合わせをしていましてね。遅くなりました」
凪  「それにしても、やはり華屋にはいい妓が揃っていますね」
女将 「そりゃあ仮にも元締めですからね、半端な妓は出せませんよ」
凪  「先の禿にしても、かなりの美人。いつ、手に入れたんですか? 所作(しょさ)もとてもきれいでした」
女将 「いつ・・・って、また冗談を言って。あの子は最初角名賀に女衒が売りに行ったという話ですよ」
凪  「は? いや、あんないい娘なら買わない筈がないですよ。女将さんこそご冗談を」
女将 「まぁ当然、最初からあんな別嬪だった訳じゃないですよ。両親から殴る蹴るの暴行を受けてたらしいんでね、顔は青痣だらけでやせっぽちでみっともなかったですが。医者の話によると、赤い痣は消えないが青い痣は消えるというじゃありませんか。痩せているのも食わせれば太る。ゆっくり療養を取らせて育てたんですよ。末は牡丹か椿に見させようと思っています」
凪  「そ、それは・・・、育てるって、そんな」
女将 「さて、そんなこたどうでもいい。本題に入りましょうかね」
凪  「あ、ああ・・・。今月の貢納金です」
女将 「改めさせて戴きますよ」
凪  「あ・・・、はい」
女将 「・・・二千二百両・・・、三百両足りないねぇ」
凪  「勘弁して下さいよ。ウチも逼迫(ひっぱく)してるんですよ」
女将 「逼迫(ひっぱく)ねぇ、凪さん、あんた賭博やら酒やら着物やら随分羽振りが良さそうじゃないか。それで逼迫(ひっぱく)?」
凪  「いやいや、博打も寄席も楼主(ろうしゅ)としちゃ欠かせない接待の、でしてね。着物は大見世としてみすぼらしいもの着てちや客も寄り付かないでしょう」
女将 「そうかい?ウチの旦那はそんな事しなくても十分、見世立ち回ってましたけどねぇ? あんたみたいに男前でもなかったけど、舐められた事なんざ一度もありませんよ?」
凪  「そりゃ、立場が違いますわ。大見世とは言っても総名主とただの楼主(ろうしゅ)じゃ人の待遇も変わるってなもんで」
女将 「まぁ、着物は判りました。それに、無い物は取り立ても出来ませんからね。言っても仕方ありませんしね」
凪  「助かります」
女将 「けど、お内儀さんも酒と散り花通いをやめさせるとか出来ないんですか」
凪  「言ってはいるんですけどね、隠れる様に続ける有様で」
女将 「亭主ならもっとバシっと言ってやんなよ」
凪  「バシっとなんか言ったら癇癪起こして騒ぎ立てる始末、ほとほと困り果ててるんですけどね。常に酔っ払ってるんで頭の巡りも悪い」
女将 「その癖性欲だけは三人前ですか。そこは凪さんがきっちり相手するべきじゃないんですか」
凪  「いやいやいや、勘弁して下さいよ。幾ら払いが悪いってったって夫婦仲の事まで口出しされちゃ堪りませんよ」
女将 「そりゃ失礼しました。けど、前々回の三百両、前回の二百両に加えて今回の三百両。合わせて八百両は今年中にちゃんと払ってくださいよ」
凪  「今更ですけどね、女将さん。その税率、大見世の負担が大き過ぎやしませんか」
女将 「毎月の二千五百両がそんなに苦しいですか? 手毬屋は毎月特に意に介さず払ってくださいますけどね」
凪  「手毬屋は、その、吉原から見世替えになった花魁が稼ぐんで、その」
女将 「それに、ウチは毎月三千五百両払っていますよ。自分の見世だからって甘えちゃいません」
凪  「華屋はそもそもの花魁の数が違うでしょう」
女将 「花魁の数に制限なんてありゃしないんだから、花魁に出来る女を育てりゃいいんですよ」
凪  「花魁を育てるのにも金が掛かります。簡単には行きませんよ」
女将 「それがあってこその大見世でしょう? 中見世じゃここまで稼げないんですから、そこは立場的に補って頂かないと格下の見世に面子が立たないんじゃありませんか? 私腹ばかり太らせたって見世の切り盛りが出来ないんじゃ、それこそ能無しの烙印を押されるだけですよ」
凪  「じゃあお伺いしますが、毎月2万両、一体何に使ってるんですか」
女将 「は?町ひとつの運営がそんなに楽だとでも思ってるんですか?」
凪  「いやいや、見世も女も金のなる木。それぞれの設備費は各々の見世持ちなんですから、普通の貧乏たれの町とは違うでしょう」
女将 「国許や奉行所、会所や詰所、それぞれに払う税と町の手入れ、仲ノ町の目抜き管理費も必要です。みすぼらしい町みたいに雑草が生えてちゃ遊郭として恥ずかしいですよ。男の夢を叶える町ですよ?ここは」
凪  「それにしても2万両ですよ」
女将 「あぁ、不満があるなら変わってくれますかね?余った金は懐でも袂でも入れて頂いて構いませんよ。余るなら、ですけどね?」
凪  「いや、まあ、その」
女将 「とは言え、先々月の氷雨花魁の件に先月の十六夜花魁がお職を降りた事で、多少大目に見る事は出来ますよ。客が申し合わせて夜逃げなんて滅多に起こる事じゃない。付け馬ですら及ばぬ所に逃亡した上で該当の花魁が死んじまったんじゃ、払い処がない。事情は考慮出来ます」
凪  「これからは陽炎がお職ですからね。納税も滞りなく出来るかと思いますので、今回までです」
女将 「お職筋が陽炎花魁で途切れるのは勘弁ですよ。次代を育てているという話も聞いておりません。引っ込みでもいるなら話は別ですが」
凪  「近頃いい女がいなくてね。それも頭痛の種です」
女将 「そうですか?ウチは今の所椿に百合が控えているんで余程大丈夫ですね。菫も更生出来ましたし、手毬屋は松葉花魁の躾が上手いそうで、そちらも問題ないとか。いい女を選別するのも手腕の一つでしょう」
凪  「流れてくる女は余りもんですからね。女街もまずは華屋です」
女将 「さて、女衒は相応の見世に売りに行くそうですが。しっかり見極める目を養ったらいかがでしょう?」
凪  「女が女を見抜くのは容易いでしょう。ウチのは見る目がないんでね」
女将 「ま、どうであれ次は容赦できませんよ。先月先々月の払い八百両と合わせて三千三百両きっちり払って下さいよ」

 

 

凪(M) 「華屋の女将・・・。口を開かなきゃいい女なのに、全く痛い所ばかり突きやがって」

 

 

 

 

女将 「ふぅ・・・。逃げロ上ばかりでイヤんなるね、全く・・・。ん・・・? 蓮太郎!お前また立ち聞きしてたね!」
蓮太郎「たまたまです」
女将 「さらっと嘘吐くんじゃないよ」
蓮太郎「嘘かどうかは置いといて、気を付けた方がいいですよ。女将さんとねんごろになりたいようですから」
女将 「は? 誰が?」
蓮太郎「角名賀の楼主(ろうしゅ)です。判断としては腐ってますが、華屋女将を籠絡してしまえば角名賀も安泰ですからね」
女将 「角名賀楼主(ろうしゅ)の凪が、あたしを手籠めにしようとしてる、とそう聞こえたんだが、空耳が酷い様だねぇ」
蓮太郎「そう言いました」
女将 「忍虎(かげとら)が亡くなって男不足にでもなってると思っているのかねぇ。あのご面相であたしをどうにか出来ると思っているのかい、全く」
蓮太郎「心配は無用、でしたね」
女将 「あんたは、なんで立ち聞きなんてしてたんだい」
蓮太郎「偶然だと先程も言いました」
女将 「通用すると思っているのかい?」
蓮太郎「無理でしょうね。角名賀楼が逼迫(ひっぱく)しているのは本当ですか」
女将 「本当だろうよ。本来忘八なんてのは、女将と番頭、遣り手に見世を預けて放蕩して当たり前。忍虎(かげとら)や手毬屋の・・・、若いだろうに楼主(ろうしゅ)の樹さんが働き過ぎなだけさ。内儀さん取る暇も惜しんで番頭と遣り手で懸命に見世を盛り立ててる」
蓮太郎「手毬屋の、榊さんくらいが丁度いいと?」
女将 「犯罪に手を染めるのは良くない。角名賀は犯罪なんてタマじゃないから丁度いいんだろうけど、お内儀さんがあの為体で番頭も一緒になって遊んでる上に、遣り手婆は随分高齢だという。何とかしてやらなきゃね、とは思うんだが」
蓮太郎「客の羽振りの良さから行っても、手毬屋は主だった客が商人、角名賀は武家と公家。実入りが違う、という事ですか・・・」
女将 「手毬屋の負担を増やして、角名賀を減額するというのも考えたんだけどね」
蓮太郎「格が同じである以上、手毬屋は納得しないでしょう」
女将 「とは言え、華屋もこれ以上を担うとは言えない」
蓮太郎「・・・、管理費や幕府への納税額は変わらないんですよね」
女将 「なんだい、お前・・・」
蓮太郎「あ・・・。済みません、番頭でもないのに聞き過ぎました。ただ、たまに任される事がある以上知っておきたいと思いまして」
女将 「納税額は変わらないよ。むしろ増えていく一方さ。搾取するだけの奴らはお気楽なものさ」
蓮太郎「角名賀の売上がそこまで落ちているとは考えにくいですね」
女将 「なんでそう思うんだい?」
蓮太郎「角名賀が使っている引手茶屋や揚屋の売上が落ちたという話は聞いていません」
女将 「あたしも聞いてないね」
蓮太郎「食材の卸問屋も、注文に変化があったとは言っていません。それなら客は従来通り入っていると見做せる筈です。確かに氷雨花魁の未回収は痛かったでしょうがそれでも百両そこそこでしょう。角名賀の未徴収はこの3か月程度の話ですか?」
女将 「・・・あんた、何を調べてるんだい?」
蓮太郎「現お職の陽炎花魁が何やら企てそうなので、対策を考えたいんです」
女将 「陽炎・・・、あの別嬪の花魁かい。あの子なら華屋に売られてもおかしくない、どういう経緯で角名賀にいるのかは判らないけど。何かあったのかい?」
蓮太郎「今の所は些末な事です」
女将 「椿絡みかい」
蓮太郎「なんでっ?!」
女将 「あんたが動くのに他の理由があるのかい」
蓮太郎「・・・、たまには、ありますよ」
女将 「へぇ? そんじゃあ今回は?」
蓮太郎「・・・椿、ですね」
女将 「あっはっはっは、ほーら当たった」
蓮太郎「俺の事はいいです」
女将 「良かないよ、何言ってんだい。あたしだってあんたに周りをうろちょろされてたら鬱陶しくて敵わない」
蓮太郎「・・・、確信はありませんが陽炎花魁と角名賀楼主(ろうしゅ)との関係性が気になります」
女将 「関係性、ねぇ・・・。ま、あのクソ男っぷりを見れば花魁食いくらい平気でやりそうだけどね」
蓮太郎「陽炎花魁が角名賀の実権を握っている可能性を考えたんです」
女将 「花魁が楼主(ろうしゅ)を籠絡して見世の実権を握るなんてのはよくある事さ」
蓮太郎「よくある事、なんですか?」
女将 「さっきも言ったろ? 一部を除いて忘八なんざクズの塊さ。ちょいと機転の利く妓にはすぐ手籠めにされちまう」
蓮太郎「同じ見世の女郎と同衾してはいけないという秩序は?」
女将 「自分は棚上げして他は厳しく取り締まる見世に寄っちゃ、女衒から買った女の玉門具合を楼主(ろうしゅ)自身がその場で確かめる事もあるらしいからね」
蓮太郎「え・・・、それって・・・」
女将 「はっ! 突き出しに本物の生娘がどれだけいるだろうね?」
蓮太郎「・・・(呆気にとられる)」
女将 「手毬屋ではそんな話、榊ん時に聞いたくらいさ。忍虎(かげとら)が殴り飛ばしてたけどねぇ」
蓮太郎「殴り飛ばしたんだっ」
女将 「けど、角名賀は古いだけに立ち入れない部分もあってね。まぁ、上手い事法の抜け道を見付けちゃのらりくらりと逃げ回って尻尾が掴めない」
蓮太郎「その尻尾を掴んだとしたら?」
女将 「そりゃ、総名主の権力も振りかざせるってなもんさね」
蓮太郎「では、今後の対策も含めて調べさせて戴けないでしょうか?」
女将 「あたしがダメだと言ったらあんたはやめるのかい? 角名賀の毒牙が椿に及ぶかもしれない状況とやらで」
蓮太郎「いえ、ですが総名主としての許可がなければ番所や会所には踏み込めません」
女将 「なるほど? 法の要、番所や会所を調べようなんざ随分な念の入れようじゃないかい」
蓮太郎「そこに証拠があるかどうかは判りませんが、調べてみる価値はあるかと」
女将 「大義名分が欲しいかい」
蓮太郎「はい」
女将 「鬼が出るか蛇が出るか・・・。いいよ、調べな。あたしの名前を使ってもいい。角名賀の尻尾を掴んで改めないとね。あたしも困る」
蓮太郎「ありがとうございます」

 

牡丹 「司波先生の嘘の流暢な事。女郎並みでありんすな」
流燈 「嘘やあらしまへん。ただ、少し隠し事をしただけやありまへんか」
牡丹 「けんど蓮太郎以外で椿があんなに嫉妬するなん、わっちも初めて見んしたよ」
流燈 「ぶすくれた顔も可愛いもんどすな」
牡丹 「笑顔が可愛らしいんは当たり前、怒った顔が美しいんはほんに美しいと言いんす。椿は幼い時から綺麗でありんしたが、年を重ねれば重ねる程に拍車がかかりんすな」
流燈 「これからなんぼ男を狂わせるんでっしゃろな」
牡丹 「さぁ?」
流燈 「アテも迷とる男の一人どすわ。さて、始めまひょか」
牡丹 「何を?」
流燈 「内診どす」
牡丹 「げっ!」
流燈 「げっちゅうて、あんさんも嘘や思てはったんかい。きちんと診察せな薬は出せまへん」
牡丹 「そりゃ、そうでござんす。・・・、って、触って判るんでありんすか?」
流燈 「伊達で医者やっとる訳やありまへん。まぁ、薬は先に渡してもかめへんけど、診るのは診さして貰います」
牡丹 「・・・薬。先生、この薬は・・・」
流燈 「行水が十日遅れたらこの丸薬を一粒ずつ毎日湯呑2杯の水で行水が始まるまで飲み始めなはれ」
牡丹 「十日、でありんすね」
流燈 「ただ、体に不調が出ます」
牡丹 「不調・・・?」
流燈 「孕んでいようがいまいが、無理やり月のもん起こさせる薬どす。普段の重い行水に加えて吐き気やめまい、頭痛もあります」
牡丹 「そんなに、酷いんでありんすか?」
流燈 「行水は休まはるんでっしゃろ? しっかり水分とって布団に籠もりなはれ」
牡丹 「そうでありんすね・・・。決して軽いものではありんせん」
流燈 「一日に一粒です。それ以上飲んだらあきまへん」
牡丹 「間違えたりはしんせんと思いんすが、もし飲んだら?」
流燈 「劇薬どす。言わな判りまへんか?」
牡丹 「・・・っ!」
流燈 「宿った命を捨てはるんどす。相応の覚悟をせな捨てた命に面目も立たんのちゃいますか」
牡丹 「仕事なのに・・・? 望んで捨てるんじゃありんせん」
流燈 「アテが言わんかったら心が凍て付きますやろ? 牡丹はん、あんさんは人を殺すんどす。当たり前の事やあらしまへん。辛いんも苦しんも人の心がある証どす」
牡丹 「先生は、わっちを軽蔑しんすか・・・?」
流燈 「アテが軽蔑するんは、こないな事がまかり通るこん世の中どすわ」

 

凪  「陽炎・・・、本当にお前はいい女だ」
陽炎 「ありがとうございんす」
凪  「町娘が20両なんて破格だったが、お前を買って良かった」
陽炎 「けんど、女将を遣いに出して、留守時に花魁のわっちを食うなんて、悪い楼主(おやかた)でありんすな」
凪  「仕方ないだろう?見世の為に仕方なく祝言を挙げたが、俺より一回りも年嵩が行ってるんだ。あんなたるんだ体じゃ勃たねえよ」
陽炎 「内儀さんに対して、酷い人」
凪  「見世ん中にゃ振るい付きたくなる様な別嬪がいるってのに、嫁があれじゃ子作りだって出来ねえ」
陽炎 「ふふ、あの年じゃ子供が出来たって産めやせんよ」
凪  「なぁ、陽炎。年季が明けてからでいい。お前俺の後妻になれ」
陽炎 「やぁだ、年季が明けてからなんて。稼ぐだけはしっかり稼がせようって言うのね」
凪  「そりゃあ、女街に払った20両分はしっかり返して貰わないとな」
陽炎 「はんっ! 忘八が・・・。それ以上、取り立てる癖に」
凪  「じゃあ、帳簿を書き換えてやろうか?」
陽炎 「要りんせん。1両2両減ったって大して変わりんせんからな」
凪  「塵も積もれば、だ。1年や2年は早く年季が明けるかもしれんぞ?」
陽炎 「けんど、そん時に女将さんが生きてちゃあ後妻もありんせん。路頭に迷うんはご免でありんす」
凪  「はっ、酒好きの女が、長生きなんざ出来ねぇよ」
陽炎 「老い先短いなら孝行してあげなんし。可愛そうに、女を持て余して散り花通いしてるそうじゃありんせんか」
凪  「やなこった。ばばぁにやるくらいならお歯黒溝に棄ててくらぁ」
陽炎 「最低」
凪  「なぁ、もう一回・・・」
陽炎 「だーめ。夜見世の支度をせんとならん。どうせ夜は役者買うんでありんしょ?」
凪  「いーや?今日はちーと賭けて来る」
陽炎 「博打? ・・・儲かるといいでありんすな」
女郎 「ちょっと楼主(おやかた)!あたしの借金今年に入ってからちっとも減ってないじゃないのさ!どういう事なんだよ!」
凪  「なんだお前ぇ。声も掛けずに内証の襖開けるたぁどんな躾を受けてきやがった!」
陽炎 「なぁに? 集合部屋の妓?」
凪  「ああ、そうだ。全く、花魁じゃない妓はがさつでいかんな」
女郎 「客じゃあるまいしそんな事どうでもいいだろうが!」
凪  「いい訳ねぇだろう! 内証はお前ぇらに関係なくても大事なもんが沢山置いてあるんだよ!」
女郎 「あたしらの借金をちょろまかした記録かよ?!」
陽炎 「あらあら、ふふっ、不味い雰囲気」
女郎 「陽炎! あんた何さ! 楼主(おやかた)と寝たのかい!」
陽炎 「まさか。例え楼主(おやかた)といえどご法度はご法度でありんしょ」
女郎 「嘘吐くんじゃないよ! なんだよ、楼主(おやかた)と寝て借金免除して貰ったりしてんじゃないだろうね!」
凪  「そんな馬鹿な事するもんか!」
陽炎 「そうそ、借金の減額程度でそんな事しんせん」
女郎 「はぁ?! 減額程度で・・・、って事はヤッてたんじゃないかい!!」
陽炎 「あはは、ヤバイヤバイ。わっちは失礼致しんす」
凪  「あぁ、陽炎! 夜俺が出掛ける事はウチのヤツに言うんじゃねぇぞ」
陽炎 「言っても言わなくても酔っぱらった頭じゃなんとも思わないでやんしょ?」
凪  「それでもだ!」
陽炎 「はいはい」
女郎 「陽炎はどうでもいいんだよ! あたしは毎月の払いを誤魔化した覚えはないよ!説明して貰おうじゃないのさ」
凪  「何言ってやがんでえ。帳簿に狂いはねぇよ」


 

陽炎(M)「帳簿の誤魔化し、裏帳簿の作成、税の減額、博打に酒に花魁食いと役者買い。ああ、そう言えば先月女将さんに貸した酒代払って貰わないと・・・。ふんっ、角名賀も命運尽きたりってとこね」

 

 

 

 

十六夜「病気に溢れた若山の女郎を診て回るなん大変なお仕事でござんすな」
流燈 「女郎全部を診られる訳もありまへん」
十六夜「それはそうでありんしょうな」
流燈 「アテが診るんは大見世の花魁と、中見世の看板と高級遊女。あとは一番二番の弟子に任せとります。小見世はウチの管轄違いますからそんな大変やあらしまへん」
陽炎 「せーんせ、わっち欲しい薬がありんす。中々手に入らなくて困っとりんす」
十六夜「陽炎! いきなり無礼な!」
陽炎 「いいじゃありんせんか」
流燈 「はて、そない難しい薬やったらアテも手に入るか判りまへん」
陽炎 「司波先生くらい高名なお医者様なら薬屋様のお知り合い沢山おりんしょう?」
十六夜「陽炎、司波先生は診察でいらしておりんす。個人的な相談なら日を改めなんし」
陽炎 「姐さんだって個人的に相談する事がありんしょう?」
十六夜「わっちはちゃんと事前にお約束させて頂いておりんす」
流燈 「構いまへん。今日はこのまま若山に泊まりやからそない急いで帰るっちゅう訳やあらしまへん」
陽炎 「・・・、椿花魁の所?」
流燈 「なんやあからさまに機嫌悪うならはりましたな」
陽炎 「別に」
流燈 「ほなら、深くは聞きまへん。欲しい薬はどないなもんでっしゃろ」
陽炎 「毒薬」
十六夜「陽炎!」
流燈 「歯に衣着(きぬき)せん物言いどすなぁ。それで、毒薬言うても仰山あります?」
十六夜「司波先生、そんなもの用意する必要ありんせん」
流燈 「誰も用意する言うとりまへん。どないな毒を探しとるか興味あるだけや」
十六夜「興味・・・って」
流燈 「毒を以って毒を制すと言わはるやろ?」
十六夜「それは諺で本物の毒の話じゃありんせん」
流燈 「十六夜花魁は知らへんか」
十六夜「な、なにを?」
流燈 「人間の味覚言うんは体にいいか悪いかを決める判断材料どすわ」
十六夜「は・・・、はぁ」
陽炎 「なんか面白そうな話でありんすな」
流燈 「十六夜花魁は甘いもんが好きや言うとりましたな」
十六夜「好きでありんすよ?」
流燈 「甘いもんは体を動かす糧になります。腹が減るとふらつきますやろ、あれは甘いもんが足りんようなった症状や」
陽炎 「じゃあ、甘いもの食べてればいいって事?」
流燈 「米や芋にも入っとります、甘味よりきちんと食事をとる方が大事どす」
陽炎 「ふぅ~ん、でも食事だけじゃ足りないんでありんすな? 姐さんは」
十六夜「・・・っ」
流燈 「他にも体にいいもんとして旨いもんがあります」
十六夜「旨い・・・、飯は旨いと感じんすな」
流燈 「汁もんなんかが判りやすい思いますわ。出汁の利いとる汁と利いとらん汁やと、利いとる汁の方がええでっしゃろ」
陽炎 「出汁利いてないと残すわ」
流燈 「旨いもんは体にええもんが仰山入っとります」
陽炎 「つまり美味しいと感じる物は体にいいって事でありんすね」
流燈 「塩味は体に水貯める役割があります。取り過ぎはようありまへんが、夏場は塩舐めて、水を飲むと夏バテしにくい」
十六夜「お医者様とは知識の宝庫でありんすな」
流燈 「大事なのはこっからどす」
十六夜「大事?」
流燈 「酸っぱいもんは熟しとらんか腐っとるか。青梅が酸っぱいんは熟しとらんからや」
十六夜「青梅は身体に毒だといいんすな」
流燈 「せやから口に入れん方がいい。同じように苦いもんは毒や」
十六夜「ああ、そういう・・・」
流燈 「良薬口に苦し、いいますやろ」
十六夜「? そう言えば・・・。薬なのに不思議な話でありんすな」
陽炎 「確かに薬は苦いと感じる事がありんすな」
流燈 「薬は元々毒です」
十六夜「えっ?!」
流燈 「さじ加減を間違えればもっと悪なるか、最悪死にます」
十六夜「薬屋とは、大変な責任のある仕事でありんすな」
流燈 「せやから、体にある毒を、別の毒で殺す。けど、その毒が多すぎると飲んだ人間も死ぬ。毒を欲しがる言うんはあながち悪い事ばかりではありまへんのや」
十六夜「なるほど、でありんすな」
流燈 「そんで? 陽炎花魁はどんな毒が欲しいんどすか?」
陽炎 「無味無臭で飲んだ人が気付かない内に死ぬ即効性のある毒」
流燈 「悪い話やおまへんか」

 

十六夜「全く・・・、陽炎はほんに困ったおなごでありんす」
流燈 「そうどすか?」
十六夜「毒が欲しいなんとんでもない事」
流燈 「素直やありまへんか」
十六夜「・・・素直って」
流燈 「殺したい相手がおるいうことでっしゃろ? いっそ清々しい物言いやと思います」
十六夜「物の、受け取りようでありんすな」
流燈 「そんで、これが今月ん薬どす」
十六夜「・・・、ありがとうございんす」
流燈 「せやけど、そろそろやめた方がよろしおす」
十六夜「やめられん」
流燈 「強い滋養強壮言うんは、一時的なもんで元々体が蓄えとる力を前借りして使うようなもんどす。結局は寿命を縮めるようなもんどすえ」
十六夜「判っておりんす、けんどどうにもなりんせん」
流燈 「小見世や切局と違ごて、大見世は余裕ありますやろ? しっかり食べて寝て、休むんが一番の滋養どす」
十六夜「そんなに体力を蓄えたら余計大変でありんす」
流燈 「目の下がうっすら墨落としたようならはっとる。よう眠れとらん証やおまへんか。アテが思うに必要なんは滋養強壮やなく眠り薬ちゃいますか」
十六夜「先生は今日・・・、華屋に登楼りんすな」
流燈 「せやけど・・・、それがどないしはったんどすか?」
十六夜「椿花魁は、どんな風に先生を迎えるんでありんしょ・・・」
流燈 「・・・、と、いうと?」
十六夜「椿花魁はまんだ若い。拙い技芸で先生は満足しておりんすか?」
流燈 「満足かと聞かれると困った話どすな」
十六夜「足りん所がありんすか」
流燈 「そらアテが惚れて椿はんは気がない、満足する訳あらへん」
十六夜「惚れた?」
流燈 「お雛さんの様に可愛らしい子やから、夜の営みは想像でけしまへんでっしゃろ?」
十六夜「それは・・・、見世の違う花魁の営みは判りんせんよ。けんど、満足行かないなら満足させてさしあげんしょ・・・? 先生」
流燈 「そない話どすか」
十六夜「何も司波先生を椿花魁から奪おうと思っている訳じゃありんせん」
流燈 「ほならなんでこないな事しはりますのん?」
十六夜「ほんのひと時、惚れた腫れた関係なく性を絡ませるんも悪くないと、思いんせんか?」
流燈 「さすがの色気どすな・・・、くらくらしますわ」
十六夜「本当は前から気付いておいででありんしょう?」
流燈 「そういうんに鈍い性質やおまへんからな、薄々気付いとりましたわ」
十六夜「そんなら、そろそろ応えてくんなんし」
流燈 「いやらし手つきも悪ぅない」
十六夜「お医者様なのに逞しくていらしゃんす」
流燈 「けどな、十六夜花魁。断りますわ」
十六夜「・・・っ、先生?」
流燈 「椿はんに惚れとるいいました」
十六夜「そう言うんを忘れて、と」
流燈 「忘れる事がでけるんならとうに乗り換えとります。他の男に心遣ってしもとるおなごに執着するんは不毛なだけや。妥協して他でいなした事もあります」
十六夜「そんなら」
流燈 「あきまへんのや」
十六夜「・・・何がダメなんでありんすか?」
流燈 「体は別もんやけど、心が泣かはるんどす。さみしい、辛い、いうて三十路越えたいい年の男が、お雛さん想て一人寝の夜に涙が零れますのや。せやから十六夜花魁には応えられまへん」
十六夜「先生、それなら男女の仲を越えてというんは難しい話でござんしょか」
流燈 「男女の仲を越える。そらまた難しい事言わはりますなぁ」
十六夜「大方、わっちが滋養強壮なん求める理由も判っておりんしょう?」
流燈 「仕事がきついからや違いますのん?」
十六夜「誤魔化しておりんすか?」
流燈 「困りましたわ。アテにはどないもでけしまへん」
十六夜「治療の一環だと思って」
流燈 「そないな治療聞いた事おまへんわ。アテに治療はできまへん。けど、心の持ちようかもしれへんな」
十六夜「心って・・・?」
流燈 「人に惚れる事ですわ」
十六夜「ふ・・・、偽りを売って約十年・・・。今更男に心を遣れる筈もありんせんよ」
流燈 「ほんならアテにもどうもでけしまへん、失礼します」

 

流燈 「蓮太郎さんの事をあれこれ言う資格もあらへんな。あどけない顔して、こうも男を乱しよる・・・、ほんに椿はんは罪作りやわ」

◆◇◆休憩等を挟む場合の目安にして下さい◆◇◆

女将 「椿、あぁ、牡丹もいるかい」
椿  「わっ! 桜餅の匂い嗅ぎつけてきんしたな?!」
女将 「桜餅?」
椿  「お母さんにはありんせんよ」
女将 「ケチ臭い事言うんじゃないよ。沢山あるじゃないか」
椿  「もー、しょうがないなぁ、じゃあ1個だけ」
牡丹 「ひのふのみ・・・、十もありんすに、2個くらいあげればいいじゃありんせんか。お母さん、煎茶でよろしんすか?」
女将 「貰おうかね」
牡丹 「今月の払いでござんしょ? 妹の分と合わせて65両、前倒しで70両用意してありんす」
女将 「全く、このくらい気持ちよく払って欲しいもんだよ」
椿  「わっちも今月は前倒し出来んす、50両」
女将 「おっと、包金銀かい。切り餅二つは見応えあるね。確かに預かったよ、記録はこれでいいね」
牡丹 「あい、大丈夫でありんす」
椿  「払いたがらない花魁がおりんすか? 桜とか?」
女将 「桜はここの所客巡りがいいんで問題ないよ。というか、出し渋るような花魁はウチにはいないよ」
椿  「誰か気持ちよく払ってくれない花魁がいたから愚痴ったんじゃありんせんのか?」
女将 「角名賀の楼主(ろうしゅ)さ。どうも最近客の入りが悪い様でね、貢納金が揃わないのさ」
椿  「・・・ん?」
牡丹 「え? 角名賀の客巡り・・・? 悪いって?」
女将 「いい妓がいないから稼げない、なんて言ってね」
椿  「・・・んっ」
牡丹 「んん?」
女将 「桜餅、美味しいねぇ。なんだい二人とも、不思議そうな顔して」
牡丹 「お職筋こそ十六夜に次いで陽炎だけでありんすが、それはどこの見世も一本筋でありんすから同じ事。角名賀にいい妓がいないというのはおかしいでありんすな」
椿  「東雲(しののめ)、春雨(はるさめ)、雫(しずく)、朝露(あさつゆ)、薄氷(うすらい)、涼風(すずかぜ)・・・、だったと思いんすが少なくとも八人は花魁を抱えておりんすよ?」
女将 「は? あんた全部覚えてんのかい」
椿  「大見世の花魁は全部。知っておかないと奪えんせ・・・、(咳払い)。なんでもありんせん」
女将 「程々にしなよ」
椿  「あーい・・・。けんど、角名賀にも遊女はおりんす。集合女郎も」
牡丹 「揚屋で他の見世の花魁と話したりもしんすが、お母さんも知っての通り今は景気もいい」
椿  「お武家さんや公家のおきちゃでもそんなに出し渋ったりはしんせん」
女将 「出し渋るような客はあんた達が振っちまうからだろ」
牡丹 「それもありんすが、夜の仲ノ町は素見(ひやかし)も含めて芋洗いになりんす」
椿  「雛の節句を過ぎたら、月例紋日くらいしかありんせんから初会のおきちゃも多く入りんす」
女将 「確かに初会の客は多いねぇ。初会に出し渋れば裏を返せないから金を出す」
牡丹 「正月以降大きな紋日は雛の節句くらいしかありんせん」
椿  「むしろ今稼がんといつ稼ぎんすか?」
牡丹 「氷雨花魁の一件があったにしろ、十六夜がお職を降りたにしろ、陽炎花魁がお職襲名道中を張った以上評判も上がろうというものでありんす」
椿  「陽炎花魁の評判に便乗しておきちゃも増えんしょう?」
女将 「あんた達、良く見てるんだねぇ。今更ながら感心するよ」
牡丹 「てっぺんを舐めんでくんなんし。時流を読まずにのらりくらりと過ごしていては客を逃しんす」
女将 「けど・・・、そうかい・・・。稼ぎが足りないという訳じゃなさそうだね」
牡丹 「お母さんの総纏めがどんなもんかはよく知りんせんが、稼げないを理由に払いが悪いならそれは嘘でありんすよ」
椿  「角名賀は楼主(ろうしゅ)までもが酷いんでありんすなー」
牡丹 「おんしは目の敵にしすぎでありんす」
椿  「だって嫌いだもーん」
女将 「そんで? 椿、あんたまだ蓮太郎と喧嘩してるのかい」
椿  「ぶほぉっ!! え?! なななな、なんで?!」
牡丹 「椿・・・、おんしここ数日台所裏に行かんと吉川屋やもみじ屋や安曇庵(やくもあん)で甘味を買ってきて食べておりんしょ? そんな判りやすい喧嘩あるもんかい」
椿  「あや、その、それは、あの、放っておいて貰っても大丈夫」
女将 「二人とも仕事に支障は出てないからいいけどね。喧嘩の原因はなんだい?」
椿  「・・・なんでもありんせん」
牡丹 「・・・?」
椿  「本当に、なんでもありんせん。ただ、わっちがちょっとわがまま言っただけでありんすから、だいじょ・・・」
牡丹 「椿・・・?」
女将 「そんな大粒の涙零して大丈夫とかいうんじゃないよ、全く」
椿  「本当に、大丈夫でありんす」
女将 「強情だよ」
牡丹 「・・・、お母さん、少し席を外して貰ってもいいでありんすか?」
女将 「あたしには話せない、って事かい。仕方ないね。まぁ、いつまでもここでダラダラしてる訳にいかないからね。内証にいるよ。あたしで出来る事があるなら言いな」
牡丹 「あい・・・」

 

椿  「大丈夫だって言っておりんすに、牡丹姐さんはお節介でありんす」
牡丹 「お節介って・・・、おんしがそんな辛そうにしてるんはみんな落ち着かん」
椿  「みんなお節介でありんす」
牡丹 「椿・・・、蓮太郎との喧嘩の原因は、もしやとは思いんすが」
椿  「姐さんが、羨ましいでありんす」
牡丹 「羨ましい?」
椿  「好きな人がいない」
牡丹 「好きな人はおりんすよ?」
椿  「新之助様でありんしょう? 幼い頃の思い出話でありんす」
牡丹 「それくらいの方が楽でありんすからな」
椿  「なんで好きになっちゃったんだろう? なんで想いって強くなるんだろう? 忘れられたら多分すごく楽なのに」
牡丹 「好きにならない方が良かった、でありんすか?」
椿  「いっそ、その方が楽でありんした」
牡丹 「抱いて欲しいなんぞと、我儘を言ったんでありんすな?」
椿  「ホントは、無理なの判っておりんす。初見世から一体何人の男を相手にしたか判らない。こんな穢れた体きっと嫌だと思う、だから頑なに拒むんだよね? 判ってるのに、仕方ないんだから諦めてよって思う」
牡丹 「蓮太郎はそんな風には思っとりんせん」
椿  「しきたりだけ? たったそれだけで?」
牡丹 「たった一つ、それがどれだけ重いかを判っておりんすから、おんしに手は出せん。けんどな椿。そうでなければならん」
椿  「・・・辛い」
牡丹 「辛いでありんすな」
椿  「ふ・・・、ぅ、うぅ・・・、辛いっ!」
牡丹 「出掛けんしょう? わっちと一緒に」
椿  「ぐすん・・・、て、どこに?」
牡丹 「どうせ存在すら忘れておりんしょう?」
椿  「存在?」
牡丹 「散り花、でありんす」
椿  「へ? ・・・ってなんだっけ?」
牡丹 「そこから?!」

 

椿  「ふえぇ・・・っ?! 女郎がいっぱいおりんす!」
牡丹 「間夫を作るんも一つの方法ではありんすが、裏茶屋の手配や、やはり騙されたり見世にバレて仕置きや折檻など色々危険がありんすからな、こういう所で済ませるんが一番楽なんでありんす」
椿  「済ませる? 何を?」
牡丹 「おんし、どうして蓮太郎に抱いて欲しいなんぞと言いんした?」
椿  「え・・・? え? え、と・・・、あの、あ・・・」
牡丹 「気を遣ってすっきりしたいからではありんせんのか?」
椿  「びゃああ!!」
牡丹 「全く、さっきから思っておりんしたが、気を遣りたい、物足りないそう思うんは別に恥ずかしい事でもなければ、罪でもありんせん」
椿  「でもおきちゃに気を遣るんはダメだと言い聞かされておりんす」
牡丹 「そう、おきちゃはわっちらが気を遣らせて金子を頂きんすからな。己の満足の為に使うなどもっての外でありんす」
椿  「散り花って思い出した!」
牡丹 「今頃かい!」
椿  「女郎相手の陰間でありんす」
牡丹 「そう、女郎たちの手元を見てみなんし」
椿  「ん・・・、と、あれ、えっと絵姿、持ってる・・・、のかな?」
牡丹 「それぞれ好みの散り花を買いに来ておりんす」
椿  「でもわっちは、蓮太郎以外に興味ありんせん?」
牡丹 「体を持て余しておりんしょう?」
椿  「あう・・・っ」
牡丹 「蓮太郎はこれからもきちんとしきたりは守る。何より椿を大切に思っておりんすに、その自分が椿を危険に晒すなど許せん筈でありんす」
椿  「本当に真面目で・・・、でもね、姐さん。わっちは蓮太郎のそういう真面目な所もきっと大好きで」
牡丹 「頑固もんでありんすな、今回はわっちが奢りんすからさっさと絵姿から選びなんし!」
椿  「・・・、うー・・・」
牡丹 「あぁ、これなんか美形でありんすよ、滝乃水」
椿  「顎が・・・、嫌。なんか前にせり出てていまいち」
牡丹 「じゃあこっちは? 森之宮。小顔で可愛らしい」
椿  「鼻が鉤鼻でありんす」
牡丹 「細かいでありんすな、じゃあ、これ豊ノ松(ゆたかのまつ)」
椿  「男前でありんすな」
牡丹 「じゃあ、豊ノ松(ゆたかのまつ)にしんすか?」
椿  「ねえ姐さん」
牡丹 「何でありんしょう?」
椿  「気持ち悪くなってきんした・・・、うぇっ」
牡丹 「椿ぃ・・・」

 

凪  「んな! なななな! なんで華屋の女将が内証にいるんでぇ!」
女将 「いやね、訪ねたら凪さんは外出中だというし、待たせて貰おうと思ったら禿が客間か内証どっちがいいかと聞くもんでね、今後の事もありますし内証に上がらせて戴きましたよ。何か問題が?」
凪  「いや、べ、別に問題はありませんが、一言仰って戴ければお待たせする事もありませんでしたので」
女将 「あぁ、それでしたらお気になさらず。あたしゃ待つのも嫌いじゃないんで」
凪  「それで、あの、な、何の用でしょうかね?」
陽炎 「楼主(おやかた)、お呼びと伺って参りんした。・・・?」
凪  「うわわわわ! 陽炎?! いや、いい! ちょっと用事が出来た、今日はいい!!」
陽炎 「さようにございんすか。そんじゃ失礼致しんす」
女将 「今のが陽炎花魁ですか。間近で見たのは初めてですが確かに別嬪ですね。ウチの牡丹や椿に引けを取らないじゃないですか。幾らで買ったんです?」
凪  「まぁ、華屋に売りに行こうとする女衒から掠め取るようにして買いましたからね。二十両です」
女将 「二十・・・? 武家の娘ですか」
凪  「や、町方ですよ。本来なら高額でも十両ってとこですが、それじゃ華屋に売りに行った方が色付けて貰えるなんて言うんで頭に来ちまってね、倍の二十って啖呵切っちまいましたよ」
女将 「田舎の村娘が三両から五両、町方が五両から十両、武家が十両から十八両のこのご時世に張り込みましたねぇ」
凪  「だからこそきちんと稼いでもらわないとね」
女将 「良い買い物だったと思いますよ? で、今日はいい、と言ってましたが毎日内証に上がるんですか? 何の用で」
凪  「い・・・っ!」
女将 「見世のてっぺんを、楼主(ろうしゅ)が、まさか食っちゃいないだろうね?」
凪  「ややや、そりゃ、あ、当たり前ですよ。そんな、他の若衆に示しのつかないこと・・・っ」
女将 「そんな模範解答が出来るんですね?」
凪  「こ、これでも一応、大見世の楼主(ろうしゅ)ですから、ね」
女将 「まぁ、花魁食おうがなんだろうがどうでもいいんですけどね」
凪  「ど?! どうでもいい?!」
女将 「処女を奪わない限り、どこに証拠が残る訳でもありませんよ。そんな事いちいち追求してたら身が持ちません」
凪  「チッ・・・、このクソアマ・・・」
女将 「何か?」
凪  「いえ、何でもありません」
女将 「あたしは、毎月の払いをきちんとして戴ければ問題ありませんよ。見世のゴタゴタまで面倒見ていられません」
凪  「え、あの、は、払いは、今年中の決済でいいと前に言ってませんでしたかね?」
女将 「それは角名賀の事情を考慮すればこそですよ。けど、もし誤魔化しがあるってなら話は別です」
凪  「ご、誤魔化してって」
女将 「帳簿を、見せて下さい。去年からのもので構いません。出納帳ではなく大福帳の方で」
凪  「は、はぁ・・・。どうぞ」
女将 「どうも。お茶がおいしいですね、いい茶葉をお使いの様で」
凪  「客をもてなすのに湿気た茶は出せませんでね」
女将 「高い茶葉を買って体裁取り繕う事ばかり必死になったって、大見世としての働きが出来ないってぇんなら・・・、判りますよね?」
凪  「判るって・・・、何をですかね?」
女将 「角名賀の今後の処遇ですよ。頭の巡りが悪いようですね。見せて戴いていますが、随分と綺麗に整理された帳簿ですね? 収支に1文の狂いもない」
凪  「帳簿が整理されているのがおかしいですか?」
女将 「予定通りに運ばないこともあるでしょう? なのに書き直し一つ見当たらない。覚書もない」
凪  「整理してからじゃないと書けない性質なんですよ」
女将 「そうですか」
凪  「ウチは少々荒い女が多くてね。覚書なんてそんなもの見せられたものじゃありません」
女将 「では、見せる為でなくて結構ですよ。覚書、見せて下さい」
凪  「や、その、それは・・・、ちょっと」
女将 「こんな風にでたらめを纏めた帳簿じゃなくて、きちんとした日報を見せて下さいと申し上げているんです」
凪  「そんなものありませんよ。整理が終わったら燃やしちまいますわ」
女将 「たいした念の入れようですね。この帳簿が、でたらめだという事には異論はない様で」
凪  「・・・っ?! 異論がないって! あるに決まってるでしょう! 収支に狂いがないからでたらめなんてそんな乱暴な言いがかりがあるもんか!」
女将 「あたしだってね、狂いのないきれいな帳簿は好きですよ。それが潔白な物なら猶更ね! けど誤魔化し出鱈目、改竄を重ねた嘘だらけの帳簿ほど気持ち悪い物はない! この帳簿はそういう匂いがするんですよ!」
凪  「はっ! 証拠もないのに勘だけで言い掛かりをつけるって事ですかい!」
女将 「・・・、日を改めます。裏帳簿の存在を確信しましたので」
凪  「確信・・・、だと?」
女将 「処分された覚書ですが、それだけではここまで綺麗に書けませんでしょう? ある筈なんですよ、必ずこの大福帳に記載する前の覚書そのままをまとめた帳簿が。凪さん、あんたの頭が相当良くない限りね」
凪  「こ・・・、の・・・。総名主ってったって、所詮幕府に雇われた狗だろうが!」
女将 「えぇ、そうです。私は幕府の狗ですよ? 凪さん、そうまで仰るなら判るでしょう? 私に逆らう、それは幕府の意に反するという事にほかならないんですよ」
凪  「幕府の権威をかさに着てやりたい放題ですか!」
女将 「幕府に貢献できない見世に大見世の肩書なんざ要らないでしょう!」
凪  「な・・・!」
女将 「揚げ代や祝儀を客から巻き上げるだけに邁進して私腹を肥やした挙句払いが少ないんじゃ本末転倒! 凪さん、あんたが懐に収めている横領金は幕府の金ですよ!」
凪  「・・・っ?!」
女将 「あたしが言うまで判りませんでしたか? 幕府が横領を許す筈もない」
凪  「横領だなんて大袈裟でしょう」
女将 「百両二百両のしみったれた金を幕府が欲しがるとも思えませんか? 塵も積もればですよ」
凪  「ウチが横領してるなんて証拠もなく言わないで欲しいもんですな」
女将 「・・・、あくまでしらを切る積もりですね。結構、それなら証拠を挙げるまでです」
凪  「証拠なんざ、ありませんよ」
女将 「悪事なんざ完全に隠滅する事なんて出来ないんですよ。ウチの手の者が証拠を抑える前に、証拠隠滅に精進して下さい。間に合えば、ですが」

 

陽炎 「こんにちは、蓮太郎さん」
蓮太郎「・・・、話す事は何もありませんので失礼します」
陽炎 「嫌だ、警戒心剥き出し。私まだ何も言ってないじゃない」
蓮太郎「あなたの数々の奇行を考えれば関わりたくないと感じるのは必然では?」
陽炎 「普通そうね」
蓮太郎「俺は至って普通ですから、二度と近付かないで下さい」
陽炎 「椿花魁の事で相談があるの」
蓮太郎「あなたの相談を聞く義理も恩義もありません。失礼します」
陽炎 「そっか、仕方ないね。じゃあ、あなたの秘密が露見するだけ、ね」
蓮太郎「秘密?」
陽炎 「随分、危ない仕事してるのね」
蓮太郎「そうですね、遊郭内の仕事は常に危険と隣り合わせですよ」
陽炎 「もう一つのお仕事」
蓮太郎「もう一つ?」
陽炎 「尾張藩御国許家老渡辺氏所縁(おわりはんおくにもとかろうわたなべしゆかり)の隠密同心」
蓮太郎「・・・」
陽炎 「呆れた、私を殺す気満々の目になったわよ」
蓮太郎「言った筈ですよ、自分はそんなに柔らかな性格ではない。あなた一人抹殺する位訳ない、と」
陽炎 「その警告を聞き逃す様な怠慢じゃないの。自らに保険を掛けずにあなたに近付く程馬鹿じゃないわ」
蓮太郎「保険、ですか」
陽炎 「手紙を書いてあるわ。私が死んだら送られる様に、ね」
蓮太郎「誰に」
陽炎 「保険だと言ったでしょう?私が誰に手紙を託して、誰に渡す手筈になっているか知りたいなら言う事を聞いて」
蓮太郎「・・・」
陽炎 「私一人の人間関係を調べ上げる程暇人じゃないんだから考えて模索したって無駄」
蓮太郎「一筋縄では行きませんね。判りました。何をすればいいんですか?」
陽炎 「椿花魁の話をしたいの。それだけ。裏茶屋まで一緒に来てね。そうしたら手紙の先を教えてあげる」
蓮太郎「裏茶屋」
陽炎 「あ、私が調べ上げたあなたの・・・、これは覚書、読んでみればいいわ。はったりじゃない証明。付いて来るか否か、あなた次第よ」
蓮太郎「・・・、・・・っ!仲間の事まで!」
陽炎 「私ね、人の弱み握るの半ば趣味でやれるの。清廉潔白な人間なんて居ないわ。調べるに及ばないのは怠慢か馬鹿だけ。あなたの事は調べていて楽しかった。沢山抱えてるのね、大変」
蓮太郎「手紙を処分した後、あなたを消すという方法もありますが」
陽炎 「そりゃそうでしょ?だからこれは命懸け」
蓮太郎「命懸け?」
陽炎 「死ぬ危険が私だけだと思わないで」
蓮太郎「椿に手を出せばあなたを殺します」
陽炎 「自分は数えないのね。大した自信」
蓮太郎「いいでしょう。裏茶屋に付き合いますよ」

 

陽炎 「借りてるのはこのお部屋、どうぞ」
蓮太郎「・・・っ」
陽炎 「裏茶屋の部屋なんて初めてでしょう?戸惑いが隠せない、可愛いのね」
蓮太郎「用件は」
陽炎 「聞かれたくないから、錠前付けさせて貰うね。ま、あなたなら余程の事があれば窓から屋根伝いで出られるでしょう?」
蓮太郎「お好きにどうぞ」
陽炎 「ここの裏茶屋はね、賃金に報酬を上乗せすれば絶対に誰と誰が使ったとか口を割らないし、金額に寄っては奉仕品もたっぷり付けてくれる。気に入ってるの」
蓮太郎「寝具に枕、懐紙に水差し、濡れた手拭いに御簾紙(みすがみ)、追加の行燈油まで時間は幾らでも使ってどうぞお楽しみ下さい、という事ですか。俺とあなたには全く必要ありませんけどね」
陽炎 「さあ、どうかしら」
蓮太郎「いい加減、本題に入りませんか」
陽炎 「本題は、もう少し待ってね」
蓮太郎「俺は仕事があるんです」
陽炎 「勤勉なのはいいけど、こんな時に仕事の話なんて野暮ね。面子が足りないのよ」
蓮太郎「誰か、呼んでるんですか」
陽炎 「これから呼びに行く所」
蓮太郎「まさか椿を連れて来るとか言わないでしょうね」
陽炎 「あら、勘が鋭い、その通りよ」
蓮太郎「窓から失礼。帰ります」
陽炎 「秘密、漏らされてもいいの?」
蓮太郎「あなたは自分が死んだら手紙の送付が行われると言いました。逆を言えばあなたが健在であれば手紙が発送される事は無い。加えて言うなら、その手紙はあなたの切り札だ。俺がここから出て行ってしまっては切り札の有効活用が出来なくなる。調べ上げた労力に見合わないので口外はしない。違いますか?」
陽炎 「へぇ・・・、馬鹿じゃないのね。仕方ないわ、窓も鍵掛けるわね」
蓮太郎「・・・、馬鹿ですか。密室なんか作り上げて。殺さずともあなたから鍵を奪う事は出来ますよ」
陽炎 「じゃあ、奪ってみて?ここに・・・、うふふ・・・、挿れるから」
蓮太郎「・・・っ!」
陽炎 「椿花魁に貞節を誓う綺麗な若衆さん。女の玉門(ぼぼ)に挿れられた鍵を取り出せるかしら?」
蓮太郎「えげつない」
陽炎 「何でもするわよ、私。椿花魁には手紙を出してあるわ、あなたを捕まえたから返して欲しければここに来なさいねって」
蓮太郎「椿がそんな手紙で来る筈がないでしょう。俺が居ない程度で仕事に支障をきたしたりしない」
陽炎 「そうね、次代お職だもんね。でも、申三つ刻になってもあなたが帰って来なかったら心配するんじゃない? 手紙の差出人が私であれば」
蓮太郎「根競べですか。いいですよ。もしも椿が来たらあなたに害を成さず、何も言わずに連れて帰ります。椿はどこかの誰かさんの様に卑しい趣味は無いので、俺が口を噤めばそれ以上を聞こうとはしません」
陽炎 「腹の立つ男ね」
蓮太郎「人の逆鱗を逆撫でして置きながら腹が立つ程度ですか」
陽炎 「あらやだ、怒ってたの。知らなかった」
蓮太郎「自分が何したか判っていますか?暢気ですね。・・・?・・・っく、う・・・」
陽炎 「ようやく効いてきたわね、ふふ。さて、楽しみだわ」

椿  「あなたの大切な人と共に、蔵光茶屋にて待つ。角名賀の恋人より・・・。誰が恋人よ! 用心深く誰が誰に何の用で送ったか判らない様に手紙を書くなんて、怪しいって言っている様なものじゃない。でも、酉の刻。台所に行っても蓮太郎は居なかった。休みだって話も聞いてないって事はこれは偽りなんかじゃない。・・・もうっ!」


牡丹 「椿、夜見世の準備は?髪を降ろしたまんまで!」
椿  「牡丹姐さん!わっちは今日物凄く激しい腹痛で仕事を見あがりしんす!」
牡丹 「あ、椿!どこに行きなんすか!激しい腹痛って。普通は走れんせん・・・?」

椿   「関わるなって言ったの蓮太郎の癖に!もう、馬鹿馬鹿!蔵光茶屋・・・っ!」
 

 

 

陽炎 「いらっしゃい、椿」
椿  「蓮太郎は?!」
陽炎 「先にあたしの名前呼んでよ、つまらない」
椿  「蓮太郎がどこにいるか言いなさいよ」
陽炎 「いーや。あたしの名前を呼んで」
椿  「陽炎花魁、蓮太郎がどこにいるか教えて」
陽炎 「他人行儀で気に入らないけど、ま、いいわ。部屋に案内してあげる。どうぞ」

 

 

 

陽炎 「奥の部屋よ」
椿  「蓮太郎!」
陽炎 「必死ね、気に入らない」
椿  「鍵?!」
陽炎 「そうよ?逃げられちゃかなわないもの内も外も鍵を掛けさせて貰ったわ」
椿  「開けなさい」
陽炎 「いいわね、その命令口調、堪らないわ」
椿  「さっさと開けて!」
陽炎 「はいはい。どうぞ」
椿  「蓮太郎!・・・、て、え?蓮太郎!! ・・・、お布団に倒れこんで・・・、どうしたの?!」
蓮太郎「つば・・・、き」
椿  「陽炎!蓮太郎に何したのよ!!」
陽炎 「大した事してないわ。媚薬を炊いたのよ。動物の雄にしか効かない奴」
椿  「媚薬・・・?なんで?あなた蓮太郎には興味ないって言ってたじゃない!」
陽炎 「思ったより良く効いている様ね。蓮太郎さんに興味なんて無いわよ」
椿  「じゃ、なんで・・・」
陽炎 「さあ、それはこれから判るわよ。急いで来たんだね、必死になって。息が上がってる、どうぞ。お水」
椿  「飲む訳ないでしょ?馬鹿なの?」
陽炎 「飲みなさいな。じゃないと蓮太郎さんを私が犯してあげる事になるわよ。ほら、私に気が無くたって体は随分出来上がってるわ」
椿  「蓮太郎・・・? ・・・っ」
蓮太郎「・・・くっ」
陽炎 「椿、恥ずかしがらないでちゃんと見て。ほーら」
蓮太郎「やめ、ろ。触るな・・・」
椿  「蓮太郎に触らないで!」
陽炎 「じゃ、お水、飲んで?」
蓮太郎「飲むな・・・。何か、・・・、入れてた」
椿  「そんなの判ってるわよ!でも・・・、蓮太郎が」
蓮太郎「椿の・・・、初見世から四年も堪えて来たんだ・・・。舐めるな・・・。媚薬如きで・・・」
陽炎 「ヘーえ、我慢強いんだねえ。感心感心、偉いよ。若衆の鏡。帯、解くよ」
蓮太郎「触るな!」
陽炎 「傷を追った獣みたいね。でも、力入ってないよ?・・・っ!」
椿  「蓮太郎に触ったら絞め殺すから」
陽炎 「帯紐・・・。いいよ?椿に絞め殺されるなら本望。ねぇ殺して?」
椿  「気違い」
陽炎 「でも大丈夫? この状況だと男を争って角名賀のお職と華屋の次代お職が争いの上、椿が殺したなんて判断されるけど」
椿  「狂ってるわ」
陽炎 「恋は盲目」
椿  「お香なら窓を開ければその内消えるよね。鍵はどこ」
陽炎 「さぁ、どこかな?ねえ、蓮太郎さん、教えてあげて?」
蓮太郎「・・・っ」
椿  「蓮太郎? 知ってるの?」
陽炎 「言えないんだね、ふふ、なんて可愛い。鍵が欲しいなら、これ飲んで?」
椿  「本当に、鍵をくれるの?」
陽炎 「さぁ?でも可能性は広がるよ?」
椿  「あなたの妄執が本当に気持ち悪い。大嫌いよ」
蓮太郎「つばき・・・、飲むな」
椿  「この人が私に執着してるのはもう判ってるでしょ?少なくとも毒じゃないわよ。・・・ん、ん、く」
蓮太郎「つばき・・・」
陽炎 「いい子ね。素直な子、大好き」
椿  「全部飲んだわ。鍵を寄越しなさい」
陽炎 「まだ、だめ」
椿  「いいわよ、どうせ夜見世見上がりしたんだから、あなたが蓮太郎に危害を加えないのを監視するわ」
陽炎 「勤勉な椿花魁が、蓮太郎さんの為に夜見世を見上がりだって。蓮太郎さんも蓮太郎さんで仕事休んでるし。はーあ、真っ当な方法じゃ太刀打ち出来ないわよね」
椿  「蓮太郎、苦しいかもしれないけど、ちゃんと鍵貰うから、待っててね」
陽炎 「苦しくはないわよ。むしろ、体が火照って気持ちいいでしょ?その快楽の先、知りたくない?」
椿  「あなたのその性癖を嫌って十六夜花魁はあなたを躾けてくれなかったって聞いた。私も嫌だわ」
陽炎 「十六夜姐さんの性技なんか興味ないわよ」
椿  「自分で探れるものね」
陽炎 「あんな雌豚の性技なんて要らない。そもそも性技なんてないもの」
椿  「雌豚・・・、って・・・?あなた、十六夜花魁の事好きだったんじゃないの?」
陽炎 「ぷっ、ふふ」
椿  「だって、褥の技芸を仕込んで貰えなかった事を悔やんでいたじゃない!」
陽炎 「ふふっ、あはは、やぁだ。女郎の嘘に女郎が騙された」
椿  「嘘?」
陽炎 「私、十六夜姐さんの手ほどきなんて受けたいと思った事ないわよ?汚らしい」
椿  「汚らしい、って・・・。牡丹姐さんは十六夜花魁には潔癖な所があるって」
陽炎 「潔癖・・・、そう。そうね、そういう事にしておいてあげる、今はまだ」
椿  「今はまだ? どういう事なの?」
陽炎 「好きな人が盛ってるのをまともに見られない椿には毒が強すぎるわ」
蓮太郎「・・・っ」
椿  「毒が強いって何よ! もうあなたが何をしたいのかさっぱり判んない!」
陽炎 「あらそう? そろそろ理解出来るんじゃない?」
椿  「・・・何よ」
陽炎 「自分で何を飲んだか、もう判るでしょう?」
椿  「媚薬でしょう?こんな物、飲まされたってあたしは平気」
陽炎 「うふふ、嘘嘘、強がりもやせ我慢もやめなさいな。ほおら、うなじ撫でられただけで感じちゃうでしょ?」
椿  「?! ・・・ん、ぁ・・・、やめて!触らないで!」
陽炎 「やだ・・。ゾクゾクする。可愛い声。ねえ、蓮太郎さんこんな声、あなた聞いた事ないよね」
蓮太郎「椿に・・・、触るな」
陽炎 「力付くで止めたら?出来れば、の話だけど。うなじ弱いの?」
椿  「んっ・・・、嫌」
陽炎 「椿の性格考えたら少々の媚薬じゃ気力で吹き飛ばしそうだったから、きつーいのを入れたの。ねえ椿、どう?体が火照って仕方ないでしょう?思うままに感じてもいいのよ?」
椿  「触ら・・・、ないで」
陽炎 「言葉と体が裏腹ね。全然力が入ってないじゃない。目が潤んでる、色っぽいわ」
椿  「やめて」
陽炎 「嫌よ。こんな椿花魁、誰も見た事ないでしょうね。嬉しい」
椿  「薬なんか使って・・・、こんな形で嬉しい、なんて・・・。誇りも何も、無いのね」
陽炎 「こんな状態で、まだ煽ってくるなんて。いいわ、お仕置き。ほぉら、蓮太郎さん、しっかり、見てよ!」
椿  「・・・っ、あ!」
蓮太郎「・・・?!」
陽炎 「襦袢の裾は乱しても決して衿は崩さない。でも、ほら、あーあ、はだけちゃった」
椿  「い・・・、や。放・・・、して」
陽炎 「しっかり見てね、蓮太郎さん。椿の控えめな胸、可愛いでしょう?ほんのり色づく桃色も。堪らないでしょ」
蓮太郎「・・・くっ」
陽炎 「なんて滑らかな肌・・・、柔らかくて、きれい。帯紐、邪魔ね。解いちゃいましょう?」
椿  「ん、ぁ・・・、い、や・・・、やめて。帯紐・・・、解かないで」
蓮太郎「く、そ・・・っ!」
陽炎 「ねぇ、椿。好きな人の前で陵辱されるって、どんな気分?気持ちいい?」
椿  「ん、は・・・、気持ちいい筈!ないでしょう?!」
陽炎 「凄いわね、この薬でまだそんなにはっきり抵抗出来るなんて」
椿  「あなたとは、気概が違う!」
陽炎 「そう?ここは、・・・、ふふ、ねえ、違うみたいよ」
椿  「あっ・・・」
陽炎 「ほぉら、椿、足を開いて?蓮太郎さんに・・・、大事なトコ見せてあげて?」
椿  「いやっ」
蓮太郎「・・・っ」
陽炎 「ほら、蓮太郎さん。これ、麩海苔じゃないのよ?本物の椿の・・・。こんなに濡れるの。凄いわ」
椿  「い・・、や。・・・、蓮太郎・・・、見ないで・・・」
蓮太郎「・・・ん」
陽炎 「・・・は?何よ、つまらない。素直に目を閉じちゃって、なんでも椿の言うなりなのね。犯したくてうずうずしてる癖に」
蓮太郎「黙れ」
陽炎 「正直に生きるなら、自分に素直になりなさいよ。ねぇ、本当は限界でしょう? 椿のこんな乱れた姿、ただでさえ欲情しない筈ないのに、媚薬まで入って。下半身が疼くでしょう? 椿が欲しくて欲しくて堪らないでしょう?ねえ、ほら、ここにあなたの魔羅を挿れてあげなさいな。熱い精を注いであげて」
蓮太郎「うるさい!」
陽炎 「あん、溢れてる。椿、欲しいなら我慢しなくていいわ」
椿  「もう・・・、意味が判らない」
陽炎 「判らなくていいわ。ねぇ、椿。以前あなた心配してくれたでしょう? 角名賀に伝わる性技がない私を。ねぇ、教えて? 華屋はどんな性技を使うの? 私に見せて? ほら、魔羅ならあるわ、そこに」
椿  「あなたは私が欲しいんでしょう?!なら、なんでこんな風にけしかけたりするの?! 私が蓮太郎に抱かれたってあなたに何も得なんてないじゃない!!」
陽炎 「は・・・? それを、考えてたの?こんな状況で。大した物ね。褒めてあげる」
蓮太郎「何の為か言え!」
陽炎 「やだ、この二人情緒とか色気とか本当に無縁だったのね、呆れた」
蓮太郎「俺が、・・・椿を犯すのが見たいだけか!褥鑑賞が趣味だとでも言う気か!」
陽炎 「そんな筈ないでしょう?男女の交合いなんて見たって楽しくもなんともない」
椿  「じゃ・・・、どうして・・・」
蓮太郎「そうか・・・。判った」
陽炎 「・・・何よ。匕首(あいくち)なんて、そんな物騒な物持ってるのね。私を殺す?」
蓮太郎「はっ、お前を殺したって己の首を絞めるだけだ。・・・っ!」
椿  「蓮太郎!!」
陽炎 「・・・は?自分で自分の足を突き刺すなんて、呆れた自虐趣味があるのね」
蓮太郎「ぅ・・・、く・・・。好きな様に言ってろ」
陽炎 「あぁ、正気を保つ為に痛みで我を取り戻したってだけ? 驚いた。」
蓮太郎「・・・これは最初からどちらが死ぬかの賭けだと言ったな」
椿  「・・・え?」
陽炎 「そうよ、椿との絆は見ていて痛い程良く判ったわ。だからこそあなたが邪魔、蓮太郎さん」
椿  「まさか・・・。私と蓮太郎に関係を持たせて蓮太郎を処刑させる積もり?!」
陽炎 「はい、良く出来ましたー。いいわ、頭の良い人って好き。蓮太郎さんも男じゃなかったら全然イケるのに、勿体無い」
蓮太郎「それは、ご愁傷様でしたね。俺と椿が薬を使っていようがなんだろうが交合いを始めてしまえば早々にここを立ち去り、華屋に密告しに行く。互いの信用の上で想いを交わす程度なら許されても、秩序を乱せば許されない」
椿  「とんでもない事を考えるのね、最低」
蓮太郎「俺は拷問を受けた上で殺されるだろう。椿は三下女郎に格下げだ。お前は椿を救い出すだけで良い」
陽炎 「蓮太郎さんも正解。椿を助ける為のお金は用意してあるわ。でも助けるのは椿だけ。蓮太郎さん、あなたは駄目。潔く死んで」
椿  「そんな事したらあたしは後を追う!!」
陽炎 「大丈夫よ。心の傷はあたしが丹精籠めてちゃんと癒してあげる、だから安心して?」
椿  「ふざけないで!」
蓮太郎「く・・・、思ったより、痛い・・・、な」
椿  「蓮太郎・・・。帰ったら、ちゃんと手当てしないとダメだよ?」
蓮太郎「判ってる」
椿  「医者に、ちゃんと診て貰って」
蓮太郎「椿、安心しろ。俺はこれから何も見ないし何も聞かない。俺はここで、椿に指一本触れない」
陽炎 「ふーん、いいわ、根競べよ。蓮太郎さん、あなたのやせ我慢がどこまで続くか見せて貰おうじゃないの」
椿  「抵抗するのが蓮太郎だけだと思わないで」
陽炎 「あら何? 椿。あなたまで何か物騒なもの持ち歩いてるの?」
椿  「んっ!」
陽炎 「ちょっと! 何してるのよ?!」
椿  「痛ひゃーい!!」
蓮太郎「椿!」
陽炎 「や、何? 口から血が出てるわよ?!」
椿  「舌って、噛むと痛いんだね」
陽炎 「・・・舌を噛んだ・・・って・・・、ば、馬鹿なの?! 一歩間違えたら死ぬわよ?!」
椿  「ん・・・、んっ、ぃ、た・・・、蓮太郎・・・、鍵は、どこ?」
蓮太郎「・・・っ」
椿  「やっぱりね。蓮太郎が言えないって、よく考えたら簡単じゃない」
蓮太郎「・・・ごめん」
椿  「陽炎花魁の、玉門ね」
蓮太郎「・・・ん」
陽炎 「なぁに? 椿が取出してくれるの? 嬉しい」
椿  「馬鹿じゃない? 懇切丁寧に優しく取出したりする訳ない・・・、でしょっ!!」
陽炎 「ぁ! 痛ったぁ・・・、また蹴り飛ばしたぁ! もう、ホントに足癖悪い」
椿  「足開け! このクソアマ!」
陽炎 「いやあぁあぁあぁあ!! もっと優しくしてぇ!! あん! でも乱暴なのも堪らない!」
椿  「うるさい! 湯呑突っ込まれたいか!」
蓮太郎「・・・、そ、それって・・・、は、入るのか?」
椿  「ねじ込むに決まってるでしょう?!」
陽炎 「そんなのイヤーーー!!」
蓮太郎「壮絶過ぎる・・・」

 

 

 

 

十六夜「先日・・・、女将さんと楼主(おやかた)の話を少し聞いてしまいんした」
女将 「障子の外に誰かいるのは気付いていたよ、十六夜花魁。・・・、その上で話、とは」
十六夜「貢納金誤魔化しの事実が確定したら、角名賀の処遇はどのようになるのでありんしょう」
女将 「正式な裁可はお上に報告してみないと判らないよ。まぁ、無事に済む筈はないんだけどね」
十六夜「見世がなくなる事もありんしょうか?」
女将 「凪さん次第だねぇ」
十六夜「わっちら、角名賀に勤める妓はどうなりんすか」
女将 「何を期待してるんだか知らないけど、例えば角名賀が潰れたとして、その跡に新しい見世は出来る。見世がなくなるからと言って角名賀の女郎を解放するなんて甘い事を考えているなら、それは都合が良すぎるというもんだよ」
十六夜「これでも年季明け間近まで働く身の上。そんな甘ったれた考えは持っておりんせん」
女将 「あんた・・・、もしかして見世の心配をしてるのかい。優しい子だね」
十六夜「優しくなど・・・、己の身の上ばかりを大切にする自分勝手な妓でありんす」
女将 「・・・凪さんは、相談できる楼主(ろうしゅ)じゃないからね。辛い気持ちが判らない訳じゃないよ。話したい事があるなら話してみな」
十六夜「角名賀が処罰されるというのは避けられない事なのでありんしょう。けんど、そこに詰める花魁と女郎に罪はありんせん。どんぞ、処罰が女たちに及ばない様にご配慮いただけんでしょうか」
女将 「あんたに言われるまでもないさ。遊郭が女郎を処罰するのは、怠慢、不利益、秩序を乱した時と決まってる。見世ぐるみで何か企んでる訳でもないだろう」
十六夜「角名賀の女は皆、頭に馬鹿が付くくらい正直で真面目でござんす」
女将 「見世の風潮だろうね、いい事じゃないかい」
十六夜「遊郭の総名主が、女郎の誠をいい事だと言いんすか?」
女将 「騙すのは客だけにしておいて欲しいね」
十六夜「・・・そう、でありんすな」
女将 「嘘偽りの中に通す芯がなくて、こんな商売やってられるかい。あんたが見世の妓を救いたい気持ちに嘘はないんだろう?」
十六夜「身勝手なものでありんすよ」
女将 「そうかい?」
十六夜「わっちが年季を明けるまででも構いんせん。お沙汰を待ってくんなんし」
女将 「・・・、はは・・・、これはまた。なるほど、身勝手だ」
十六夜「見たくはないのでござんす。己の生きた楼閣の最後など」
女将 「本当にそうかい?」
十六夜「・・・というと?」
女将 「巻き添えを食らいたくないんだろう?」
十六夜「・・・っ! わ、わっちは・・・っ」
女将 「隠さなくていいよ、正常な精神の持ち主さね。誰が悪事の火の粉なんざ被りたいもんかい」
十六夜「卑怯だと、罵る事もしないんでありんすね」
女将 「その殊勝な態度がどうしてウチの花魁達にはないんだろうねぇ?」
十六夜「は? え」
女将 「品の良さってのかい、控えめな所が華屋の花魁にはない。もう少し素直になってほしいもんだよ、全く」
十六夜「快活なのはいい事だと思いんすが」
女将 「物は言い様だね」
十六夜「巻き添えは嫌でありんす。もしも守って下さるんなら、お渡しできるものがございんす」
女将 「約束なんざできゃしないよ、期待させたのは済まなかったね。あたしは町の管理はしてるが幕府の雇われもんだ。事の裁可をいつ、どうするかなんてのはあたしの力の及ぶところじゃない」
十六夜「そんなら、せめて無関係な妓を守ってくんなんし」
女将 「妓は守れるさ。男は自力で逃げりゃいい。渡せるものってのは?」
十六夜「角名賀の、裏帳簿でござんす」
女将 「・・・、どうやって手に入れた」
十六夜「角名賀が腐っているのはご存じでありんしょう?」
女将 「呆れたね。人畜無害な顔して、自分の見世を売るのかい」
十六夜「己の足で歩いて、大門を出とうござんす」
女将 「同朋に被害が及ぶのは寝覚めが悪い。一つ聞くよ」
十六夜「なんでござんしょか」
女将 「この裏帳簿、年季明け近くまで自分の手元に隠し置くか、もしくは告発しないという選択もあっただろう」
十六夜「わっちはもう、お職ではありんせん」
女将 「己の手を離れた以上、近い内に露見するだろう、と?」
十六夜「おそらくは。今のお職の考えがわっちには及ばぬ故」
女将 「・・・、そんなに厄介なのかい。あの陽炎という花魁は」
十六夜「おそらく、楼主(おやかた)は既に籠絡されていると見做して間違いありんせん」
女将 「あれだけの美人じゃねぇ・・・。容易かったろうね、判ったよ。守れるように善処はしよう」
十六夜「・・・っ、本当に?」
女将 「善処だよ、必ず守れるとは言い切れない」
十六夜「構いんせん。ありがとうございんす」
女将 「この裏帳簿、あんたが持ち出した事を凪さんに気付かれやしないのかい?」
十六夜「不正は多くなれば管理も杜撰になりんす」
女将 「偉そうにあたしに暴言吐いて。全く、証拠がないなんて良くも啖呵が切れたもんだよ」
十六夜「楼主(おやかた)は絵に書いたような忘八でありんすよ」
女将 「絵に書いたような・・・、って・・・、あんた・・・。・・・、そうかい。そういう事かい」
十六夜「己の身を守る方法を、わっちはそれ以外に知らんかったのでありんす」
女将 「そこに付け込む男がクソッタレなんだよ」
十六夜「手厳しいでござんすな」
女将 「見世に戻んな、余り長居すれば怪しまれるだろう?」
十六夜「楼主(おやかた)はいいとして、陽炎に怪しまれるのはご免蒙りたいでありんすからな。これにて失礼致しんす」
女将 「あんたの判断を、間違った使い方はしないよ。十六夜」
十六夜「・・・なんでござんしょう?」
女将 「あんた、あたしにこれを渡して安堵したんじゃないだろうね」
十六夜「・・・、生きる事を、諦めたりはしんせん」
女将 「生き急ぐんじゃないよ」
十六夜「心遣い、感謝致しんす」

 

陽炎 「十六夜姐さん。ねぇ、華屋に何しに行ってたの?」
十六夜「・・・っ、陽炎・・・。おんしには関係ありんせん」
陽炎 「関係無い筈ありんせん?なぁに? 楼主(おやかた)と寝られなくなったから見世の事情を総名主に密告? 簡単に手の平返すんでありんすな、汚い」
十六夜「汚い? そもそもわっちは楼主(おやかた)の不正を許す積もりはありんせん」
陽炎 「角名賀の不正が漏洩した時に自分の身だけは守って貰おうという算段でありんしょう? 潔白な筈がありんせん」
十六夜「おんしとて楼主(おやかた)のあれこれ嗅ぎ回っておりんしょう? 所詮は同じ穴の貉、おんしにわっちを責める資格なんありんせん」
陽炎 「馬鹿みたい」
十六夜「何がじゃ」
陽炎 「べーつーにー。まぁいいわ、わっちは楼主(おやかた)の味方をしたい訳じゃありんせん」
十六夜「え・・・?」
陽炎 「なんでありんしょう? わっちの男嫌いは知っておりんしょ? 楼主(おやかた)だって例外じゃありんせん。むしろ滅びてしまえと思っておりんすよ?」
十六夜「・・・、なのになんで楼主(おやかた)に足を開きんした」
陽炎 「なんとなく」
十六夜「なんとなく? おんし一体何を考えておりんすか」
陽炎 「十六夜姐さんは判らなくていいでありんすー。大丈夫でありんすよ? 散々わっちを煙たがった報復は考えておりんすから、年季明けも何も心配せんでも・・・、ふふっ」
十六夜「・・・っ!」
陽炎 「そんなに怖がらないで? 姐さんは綺麗だもの」
十六夜「何を、する積もりじゃ」
陽炎 「年季明けをお楽しみに。それより姐さん、わっちは聞きたい事がありんす」
十六夜「聞きたい事?」
陽炎 「襲名道中の時、歳三(さいぞう)か蘭丸か暁、誰にするか聞かれて暁にしたじゃない?」
十六夜「あぁ、確かそうでありんしたな」
陽炎 「どうして暁にしたか知ってる?」
十六夜「・・・? 男嫌いではありんすが暁だけは嫌いではなかったから、ではありんせんのか」
陽炎 「当たらずとも遠からずってとこかなー、でももうひと押し」
十六夜「判りんせん」
陽炎 「ねーぇ、逞しい男が好きな十六夜姐さんがどうしてあんな散り花上がりの蘭丸なんかと寝たの?」
十六夜「・・・っ!」
陽炎 「傘持ちでありんすから背丈こそありんすが、細身で綺麗で頼りなげじゃ? 元は陰間、美形なのは当たり前でありんす。それに上方生まれ故の物腰の柔らかさ、到底姐さんの好みに刺さるとは思いんせんかったけど、なんででありんすか?」
十六夜「余り、下衆な事を聞きんすな。言い掛かりじゃ」
陽炎 「じゃーあ、お職として言わせて貰っていいでありんすか?」
十六夜「?」
陽炎 「同じ見世の恋愛はご法度じゃ、蘭丸を処罰しんすよ」
十六夜「・・・っ!」
陽炎 「どうして寝たのか言いなんし」
十六夜「わっちは・・・、蘭丸とは」
陽炎 「蘭丸はとうに吐きんしたよ。楼主(おやかた)に黙っててあげるという条件付きで」
十六夜「な・・・っ」
陽炎 「あー、細身だけど確認できない事一つありんしたぁ。ふふ、魔羅がデカかった?」
十六夜「・・・っ」
陽炎 「当たりぃ・・・。やぁね、デカい魔羅程迷惑なものは無いのにそれが好きだなんて物好き」
十六夜「それが! おんしが暁を傘持ちに選んだ事と何の関係がありんすか!」
陽炎 「関係あるに決まってるじゃない、歳三(さいぞう)とも寝たでしょう?逞しいものね、だいぶ長く続いておりんすな?」
十六夜「いい加減にしや!」
陽炎 「いい加減にするのは姐さんの方でありんしょ?! 元お職の若衆食い、秩序も風紀もありんせん。乱れた風紀で若衆はお職と寝れるだなんて浮き足立って」
十六夜「お職と・・・、じゃと?」
陽炎 「襲名道中以降どれだけの若衆を張り倒したか。鬱陶しいったらありんせん。それに、唯一暁だけは姐さんの手が付いていないと思っておりんしたのに、結局食ってただなんて」
十六夜「いつから、知っておりんした」
陽炎 「いつ・・・? 突出ししてすぐでありんすよ」
十六夜「そんな早くから」
陽炎 「いつから知ってたとかそんな事どうでもいいでありんす。わっちがお職に就いた以上そんな風紀の乱れは許しんせんよ。男が欲しいなら、散り花で金を落としてきなんし」

 

流燈 「蓮太郎さんやおまへんか」
蓮太郎「・・・司波先生」
流燈 「こないな所で会うちゅう事は、やはりあの竹田頭巾を尾行して来はりましたか」
蓮太郎「はい。いつもと時期も違いますし突発だったので確証はありませんが」
流燈 「当たり前やけど毎回着けてる頭巾の柄は違う。先月来はった筈やけど今回はえらい短い間隔で来はりましたな」
蓮太郎「頭巾を被って、華屋の内証に上がるくらいしか特徴がないので判別は難しいですが、所作(しょさ)からおそらくと思って尾行してきました」
流燈 「なんや、問題があらはったんやろな。一向に何者か判れへんけど女将はんが委縮しはるんで可哀想になってきますわ」
蓮太郎「ん? 司波先生なんでこんな時間に遊郭にいるんですか? 巳の刻なんて女郎も寝てますし客もみんな帰った後ですよ?」
流燈 「医者やからな。病人は時間を選びまへん。桜町にある中見世の番頭はんが倒れはったいうんで、籠使こて診にきたんどす」
蓮太郎「って・・・、大丈夫だったんですか?」
流燈 「死なはりました」
蓮太郎「え?!」
流燈 「七十八歳まで生きれば大往生ですわ」
蓮太郎「ああ・・・」
流燈 「むしろ、ようそない年まで帳簿付けとりましたないうて関心しましたわ」
蓮太郎「それは・・・、凄いですね」
凪  「おお、司波先生じゃありませんか。こんな所で会うなんて奇遇ですな」
蓮太郎「角名賀楼の・・・」
凪  「なんだ、華屋の陰間か、お前ぇに用はねぇよ、とっとと帰れや」
流燈 「はて、アテに用どすか? 誰ぞあかんようならはりましたか」
凪  「いえいえ、むしろウチの妓はみな健康的で美女も揃ってます、同じ見世と言うのも飽きが来ませんか」
流燈 「なんやまぁ露骨な営業どすな」
凪  「そりゃ司波先生くらい高名で男前なら選り取り見取りでしょう」
流燈 「あんさんほど露骨なんはそうそうおりまへん。まだ断り文句に困るいうんもあらしまへん」
凪  「みんな腰が引けるという訳ですか」
流燈 「知りまへん」
凪  「そろそろ見世替えなんぞどうですかね?」
流燈 「断ります」
凪  「そんなそっけない事言わずに。派手な色遊びも名を売る手段の一つですよ」
流燈 「名ぁ売るなら江戸に下るか京に上がります」
凪  「尾張に留まる理由がおありですか」
流燈 「根堀り葉掘り聞かれるんは好きやあらしまへんのや」
凪  「ああ、いや私とした事が、図々しい事を聞きました。けど、牡丹花魁ならともかく、若い花魁では至らぬ所も多いでしょう?」
流燈 「なんでそうみぃんな見てくれに騙されるんやろな?」
凪  「次代お職言われてますが、可愛らしいだけでしょう。若い内だけの取り柄なんざすぐに飽きるもんですよ」
流燈 「女っちゅうもんは年相応に変わっていくもんどすわ、とにかく見世替える気はあらしまへん。他当たんなはれ」
凪  「張り見世見るだけでも」
流燈 「しつこいわ。それよりあんさん、死相出てはりますわ」
凪  「は?」
流燈 「耳あかんようならはりました? 死に顔してはる言いました」
凪  「ははは、こりゃまた奇妙な事を言いますな、先生は呪い師か何かに職替えされるんですか」
流燈 「呪い師やいたこ言うんは、人を見るんや」
凪  「死相なんぞとけったいな事言ったのは先生ですよ」
流燈 「ある程度年重ねて、人見る目があれば呪い師にもなれますわ」
凪  「年重ねたら神仏の声が聞けると。都合のいい話で」
流燈 「ふくよかな恰好で呪い師の元へ行けば大概大器晩成や言われます。逆に貧相な恰好で行けば悪い事しか聞けまへん」
凪  「所詮インチキだと証明されただけですな」
流燈 「人は己の生き様から抜けよ思たら全てを棄て去る覚悟が要ります」
凪  「先生が何を言わんとしているのか、私には判りかねますな」
流燈 「狡さ言うんは顔に出ます」
凪  「忘八ですからね」
流燈 「あんさんは、八つの徳を棄てて利益だけを搾取する悪辣な顔してまんのや。相応のしっぺ返し食らいますよ」
凪  「忠告ですか」
流燈 「医者やからな、死に急ぐ人間を留めるんも仕事や思とります」
凪  「結構な心構えですが、私には不要ですよ」
流燈 「傷追った体は治せても腐った心は治せるもんやない。そんせめぎあいは今でも続いとります」
凪  「高名なお医者様は、心映えが優れてますな。眩しくて見ていられませんわ。失礼します」
流燈 「ほな、さいなら」

 

 

流燈 「ふぅ・・・、蓮太郎さん、あん人・・・、なんぞ問題起こしはるわ」
蓮太郎「面倒、ですね」