花魁道中いろは唄~外伝~

夏の華は夜の空高く舞う ♂×2 ♀×3 / 白鷹

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 

 

所要時間:120分程度
利用規約をお読みいただきご利用下さい。

2019/3/2 利用規約を改訂しました。必ず読んでから上演をお願いいたします。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

◆登場人物◆

椿 (♀) 19歳

大見世華屋の花魁。牡丹に次ぐ花魁であり次代お職の肩書を持つ。

八歳の時に若山に売られて以来引っ込み禿として外部は勿論、見世の内部の者達にも隠して育てられた。

元来の美しさと見た感じの可愛らしさで男の気を引く。

芯の通ったしっかり者で、頭の回転が早く根付く性格は非常に厳しい。

蓮太郎と恋仲にある。

 

蓮太郎 (♂) 19歳

華屋の若衆で料理番。

生真面目で自他共に厳しく真面目な性格だが椿に関してはかなり緩い。

華屋の元お職でもあった石楠花花魁の産んだ青年で大変な美形であり、よく陰間と間違われる。

正義感が強く、冷たい表面とは裏腹にとても優しい。が、感情表現が苦手。

 

 

牡丹 (♀) 25歳

 

若山随一の大見世、華屋のお職であり椿の姐女郎。

華やかな色気と優しさと雅さで道中を歩けば大輪の花の様だと男達を沸かせる。

しなやかな色気の反面気風の良さを併せ持っており、自身の見世に害が及ぶと怒鳴り込む事もある。

正義感が強く心根も優しいので汚濁したものを見ると非常に驚き、気分を害するところもある。

 

 

女将 (♀) 31歳

華屋の楼主兼美人女将。見世の経営を遣り手任せにはせず自らもせわしなく働く。

自分の見世の女郎たちをとても可愛がっており、何か女郎が失敗した時なども身体に傷を付けない為に折檻はせず、仕置き部屋に閉じ込める程度で済ませるなど大切にしているが、不利益や怠慢など大幅に秩序を乱した場合は容赦はしない。

 

辰巳 (♂) 32歳

華屋の若衆。現在の職は付け馬。

幼少期に華屋楼主の忍虎(かげとら)に救われ以降若衆として働き続ける。

元々は不寝番として働き、乱暴な客や聞き分けのない客の相手をしていた。

その際、腕が立つ事や口が良く回る事などを含め喜助になり、掛け回しから付け馬となった。

将来的には番頭を任せられる実力派の若衆。

――――――――

役表

 

椿   (♀)・・・・・・

蓮太郎 (♂)・・・・・・

女将  (♀)・・・・・・

牡丹  (♀) ・・・・・・

辰巳  (♂) ・・・・・・

――――――――――――――――――――――――
 

​女将  「椿! 仮宅だからってまた髪降ろしたままで! さっさと夜見世の準備をしな!」

椿   「おきちゃの予定なんかありんせんもん。お茶挽く為の準備に気合も何もあったもんじゃありんせん」

女将  「はーん? 最初からお茶挽く心構えはばっちりかい?」

椿   「だって、馴染のおきちゃはしょぼい座敷にしょぼい料理、そんなら町方の料理屋で寄席にする、なんて言ってちっとも来てくれやせんのに」

女将  「まー、確かに張り見世に張り付いて見ているのは到底金のなさそうな素見(ひやかし)ばかりだね」

蓮太郎 「しょぼい料理って・・・、酷くないか? 椿」

女将  「それもしょうがないだろう? 道具も器もないんだ。だいたい台所の釜が二つしかないなんてあたしだって知らなかったよ」

蓮太郎 「限界はありますが、出来る限りでもてなしますよ。材料は新鮮な物が手に入りますし」

女将  「ウチは珍しい料理を提供できると銘打ってるけどね、料理屋じゃないんだよ。売りたいのは妓(おんな)なんだ」

椿   「それに、着物だって殆ど燃えてしまいんしたから、座敷開くにしても冴えない格好になりんす」

蓮太郎 「若山遊郭大見世炎上事件。出火元が角名賀とはいえ大見世通りの桜山町がほぼ焦土と化した今回の事件はさすがに有名になり過ぎて、復興するまでは馴染客もほとんど来ないでしょうね」

女将  「松川屋様は? 真っ先に来てただろう? 着物、準備してくれたんじゃないのかい?」

蓮太郎 「松川屋様だって慈善事業ではないんですから、元の通りにとまでは行かないでしょう」

椿   「あ、でも当面仕事に困らないくらいの着物はくんなんしたよ? お古ではありんすがすぐに仕立てられないから仕方ありんせん」

女将  「あぁ、やっぱり松川屋様はいいお客だよ。燃えた着物の代替えをさっと用意するなんてなかなかできないさ」

椿   「惣一郎様がひとまず十着は新品を仕立てて下さるとは言っておりんした」

女将  「十着?!?! 小物も合わせてかい?!?!」

椿   「あい。それと、衣桁(いこう)に掛かってた初見世の時の仕掛けは白詰と若衆が慌てて持ち出して来てくんなんしたって」

女将  「まぁ・・・、若山に戻るまではしょぼくれたままでも仕方ない、か」

椿   「夜見世の用意はしんす。けんどまんだ時間がありんすに。お母さんも余裕があるなら休んだらどうでありんしょ?」

女将  「あたしゃあんたと違って忙しいんだよ! 若山の復興の連絡とこっちの仮宅で! 夜見世はサボったら許さないよ!」

椿   「あーい。相変わらず忙しそうね」

蓮太郎 「そりゃまぁ、慣れない所で見世切り盛りして、復興の手筈も整えてとなると日頃より遥かに忙しいんじゃないか?」

椿   「大変だねー・・・。あ、そうだ蓮太郎、はい。前回の道中の肩持ち代」

蓮太郎 「あぁ・・・、ん・・・・。・・・、待て、椿。多い」

椿   「だって、揚屋でお待ちの方の気性が激しいって聞いて、中引けまで待機しててくれたじゃない」

蓮太郎 「それは、俺が勝手にやった事だ。基本二分で受けてるんだ。倍の一両って、椿はいつも出し過ぎだと言っているだろう?」

椿   「お金ってね? 幾らあっても困らないと思うの」

蓮太郎 「限度がある。そうやって、椿が多く出し過ぎると俺に甲斐性がないと思われてるのかって、不安になる」

椿   「んー・・・、と、じゃあ・・・、多いと思うお金の分で蓮太郎とお揃いの何かが欲しい」

蓮太郎 「またそうやってはぐらかす」

椿   「蓮太郎は今度いつ休み?」

蓮太郎 「休み・・・? ・・・、仮宅になって特別なもてなしが必要な客は今の所いないから、比較的いつでも休める」

椿   「いつでも? 本当? 本当?」

蓮太郎 「やけに嬉しそうだけど・・・?」

椿   「あのね! あのね! ん・・・、と、コレ、ほら」

蓮太郎 「瓦版・・・? これは・・・、挙母祭(ころもまつ)り。来週の末か」

椿   「八台もの山車が出るんだって! お祭りってあたし行った事なくて、だから、その・・・、ん、と、え、っと・・・、連れてって欲しい、って、あの、・・・ダメ?」

蓮太郎 「くす・・・、判った。一緒に行こう」

椿   「ホント? ホントに? 一緒に行ける? やったー! お祭り!」

蓮太郎 「ちょっ、椿はしゃぎ過ぎ。抱き着くなって」

椿   「だってだって、お祭りなんて初めてなんだよ? 行った事ないんだもん」

蓮太郎 「・・・そうだったな。ただし条件付き、人混みに行くんだ、絶対俺から離れない事」

椿   「うん、絶対離れない。約束するね」

蓮太郎 「うん」

椿   「蓮太郎・・・、大好き」

蓮太郎 「・・・っ(照)」

 

 

 

牡丹  「何年も長らく、椿の気持ちを判ってあげられなんだ」

辰巳  「判らずにいた方が幸せだったかもしれませんよ?」

牡丹  「おや、おかしな事を言いんす。わっちが辰巳の気持ちに気付かん方が良かったと言っておりんすか?」

辰巳  「そういう、意地の悪い言い方をする。ただ、後悔はしています」

牡丹  「わっちを、抱いた事を?」

辰巳  「そう・・・、ですね」

牡丹  「そう、か」

辰巳  「己の恋人が、まさか若山の頂点だなどと誰も思わない。俺自身、未だに信じられてない。己の罪を認められていない」

牡丹  「罪? ほんに・・・、なんじゃ辰巳は。わっちと契ったのを後悔だの罪だの、そんな気持ちの悪い言い方をするならもう会わん」

辰巳  「花魁と若衆が契るのは比較的よく聞きますよ。華屋ではほぼ聞きません。せいぜい聞いて椿花魁と料理頭の蓮太郎くらいです。他の見世では足抜けや心中、鞭打ち、拷問・・・、これでもかと言う位よく聞きます。ですが、牡丹花魁は今までそういう噂を聞いた事はありません。噂に違わぬ潔白な方なのだろうと思っていました。それを、俺が穢してしまった」

牡丹  「ふーーー・・・(怒り)」

辰巳  「花魁・・・」

牡丹  「すーーー・・・、はーーー・・・」

辰巳  「牡丹花魁」

牡丹  「ふんっ」

辰巳  「・・・、・・・、・・・さえ」

牡丹  「ひにゃあ・・・?!」

辰巳  「ふ・・・」

牡丹  「変な声出た・・・っ! お、お、おんし・・・、わっちの本名をどこで知りんした?!」

辰巳  「どこ・・・、か、いつかも忘れました。多分ずっと前です。さえが水揚げをする、ずっと前」

牡丹  「へ? 水揚げ、って・・・、え、そんな前?」

辰巳  「俺の母も女郎だったので外に居場所なんてありませんでしたよ」

牡丹  「女郎・・・、どこの?」

辰巳  「さぁ・・・。死んだ母に掻きついて泣いて陰間茶屋に売られそうになっている所を楼主が助けて下さったのだとか」

牡丹  「陰間? お、おんしが?」

辰巳  「心の中でその顔で?と付け加えるのはやめてください」

牡丹  「いや、あ、男前だと思いんすが、陰間としては・・・、ちょっと?」

辰巳  「少年期は蓮太郎と張り合える美形でした」

牡丹  「いわれても想像つかん・・・。では、わっちがここに来る前に華屋にいたんでありんすな。そういえば、おんし幾つでありんしょ?」

辰巳  「自分は三十路も超えた32です」

牡丹  「えぇ?!」

辰巳  「見えないとはよく言われますが」

牡丹  「見えんかった、え・・・? 32?」

辰巳  「ですから、あなたがここに売られた時を知っています。俺は17でしたから。泣き腫らした目で食事をさせられて、湯を使わせられたらすぐにお職の部屋に連れていかれた。俺には手の届かない人なのだと諦めて、想いを馳せるだけにしました」

牡丹  「おんしなら、他に言い寄る女がおりんしょう?」

辰巳  「まぁ、そこそこ・・・? ですがどの人も長続きはしませんでしたよ。仕方ないですね、見世に戻ればあなたがいる。妓夫(ぎゆう)として、喜助として華屋を歩けばあなたの姿が嫌でも目に入る。忘れられなかったんです」

牡丹  「・・・、そんな長い間燻ぶらせてしまっていたという勿体なさと、恋慕に身を投じなくて済んだという安心の気持ちがせめぎあい。

わっちも辰巳とこうなって良かったと、手放しで喜べる程の無邪気さをどこかに置き去りにしてきてしまいんした」

辰巳  「なんだ・・・。あなたも、後悔しているじゃないですか」

牡丹  「後悔しておりんすに、心とは制御の利かぬ代物でありんすな」

辰巳  「罪悪感があるのに、さえを想う心を諌める事が出来ない。こうして腕に抱いてしまえば猶更。せめて、あなたがこれ以上傷付かないように守る術が欲しいと願っています」

牡丹  「わっちはそんなに頼りないか? 今まで男に縋って生きようなどと思った事はありんせん。己の身くらい己で守れんす」

辰巳  「あなたが強い女性なのは良く知っています。けど、二人でいる時くらい守らせてくれませんか? ・・・ん」(接吻け)

牡丹  「んっ・・・、ん。・・・、辰巳」

辰巳  「年季明けにあなたを連れ出せるようになるまでに、参りましたと言わせてみたいですね」

 

 

 

椿   「あの、・・・、え、と、あ、お、お母さん、あの、なんだか今回、行水が、早く来そうな、予兆が、・・・あの」(嘘)

女将  「挙母祭(ころもまつ)りかい」

椿   「ふ、ぅう・・・っ(涙目)」

牡丹  「椿・・・、行水の予兆って・・・、無理がありんす」

椿   「や、その、あの、え・・・、と、で、でも、なんとなくお腹が痛いっていうか・・・」

女将  「お前そんなに行水が重い性質じゃないだろう? 前日から腹痛なんて聞いた事ないよ」

椿   「あや、その、え、た、たまに痛くなることがあるって言うか」

女将  「柏餅食べ過ぎたんじゃないのかい?」

椿   「うぇえぇえぇえ?! な、なんで、柏餅?!」

牡丹  「柏餅の葉っぱがひのふのみ、よぉ、いつ。5枚でありんすね」

女将  「5個も食べたのかい。祭りに行くな、なんて言いやしないよ、夜見世までには帰ってくりゃいいと思ってるからね」

牡丹  「お祭りなんてめったに行ける事はありんせんから、結構皆昼見世を休んでおりんすよ」

椿   「ふぇ?」

女将  「まぁ、暇だしね。仕事に支障をきたさなきゃいいさ」

牡丹  「普段でも昼見世なんおきちゃも来やせんのに、仮宅じゃ、やれ『普段は拝めぬ華屋の桃源、見ずにおらりょか、いやおられぬ、おられにゃ参らせ栄町』なんて、鼻歌交じりで素見(ひやかし)が覗きに来る程度でござんす」

女将  「若衆も、普段の忙しさから離れて的屋巡りするってさ」

椿   「的・・・、屋?」

牡丹  「色々な出店が出ているんでありんす。団子屋、飴屋、とうきび屋、蒸かし芋。挙母祭(ころもまつ)りは挙母藩公認の大きな祭りでありんすから、京や大坂からも的屋が出て普段は食べられない珍しい物が並んでいるそうでありんすよ」

椿   「ふわ、あ・・・」

辰巳  「お話し中失礼致します。牡丹花魁」

牡丹  「辰巳・・・、どなんしんした?」

辰巳  「こちらをお返しに参りました。先日の肩持ちの賃金、入れ過ぎです」

牡丹  「心付じゃ、取っておきなんし」

辰巳  「いえ、他の方の肩持ちをする際にもきちんと同額の二分で行っております。最近、お使い頂けるのは有り難いのですが、他の花魁方々が委縮してしまい頼むに頼めなくなる、と聞きましたので」

椿   「だから多目に入れてるのに・・・」

辰巳  「は・・・?」

牡丹  「わっちら花魁の気質は知っておりんしょ? 髪結いも着付け師も、肩持ち傘持ち、見世番も己以下の花魁の手伝いをするんは気分が悪い。そんならどなんして独占しんしょと考えて賃金を上乗せしんす」

辰巳  「つまり、俺は牡丹花魁以外の肩持ちをするな、と暗に訴えかけられている訳ですか」

牡丹  「本来はそうでありんしょ? なぁ、椿」

椿   「ゔ・・・っ」

牡丹  「わっちは、単純に次も快諾して貰えるように多目に入れておりんす。それと、お職でありんすからな。他の花魁と同額では沽券に係わる。判りんすな」

辰巳  「花魁の沽券は俺には関係ありません。お返しします」

牡丹  「持って行きや」

辰巳  「受け取れません」

牡丹  「わっちに出した金をひっこめよと」

辰巳  「俺も貰えません」

女将  「そんならあたしが貰おうかね。ぬほほほ、いい茶と羊羹が買えそうだ」

椿   「うはぁ、お母さんのお小遣いになっちゃった」

女将  「そういや、辰巳。牡丹の客の」

辰巳  「両替商、津止屋ご子息のツケの事でしょうか」

椿   「小難しい話になりそうでありんすな。そんじゃわっちは湯を使って・・・、お祭り当日の準備しようっと。そうだ! 新しい浴衣下ろそう! 帯どうしようっかな・・・」

女将  「あぁ、椿! ちゃんと行く前に番頭に身上がり払って行きな!」

椿   「あーい!」

女将  「あーあ、全く。仮宅に来てから椿は頭に花が咲いてるね」

牡丹  「たまにはいいじゃござんせんか。わっちは、昨今の椿が己を痛め付け過ぎていて見ちゃおれんかった」

女将  「なんだいあんた。想いはあっても節度は大事にさせないとって、あたしより厳しく言ってたじゃないかい」

牡丹  「また、若山に戻りんしたら厳しくもしんしょう。仮宅に居る間はほんの少し、町方の少女の様に浮かれていてもいいかと思いんして」

女将  「ふぅん? 牡丹がそんな事をいいだすなんてねぇ・・・。ていうか町方に椿みたいな別嬪がいるもんかい」

牡丹  「町方を知りんせんからな。・・・お母さん。今一度、華屋の秩序の定義。わっちにも教えてくんなんし」

女将  「今更? どうしたんだい・・・、いいけど。ウチはね不利益、怠慢、盗みや喧嘩さえしなけりゃ大抵は赦すよ。毎月の借金に滞りがない、客にしっかり奉仕する。最悪それが守れてりゃ問題ない」

牡丹  「不利益・・・、そう言えば今月の借金、椿は払えたんでありんすか?」

女将  「んぁ? 払えてるけど、なんでだい?」

牡丹  「角名賀からの貰い火事で見世が焼けて、わっちら見世に居た妓(おんな)は妹たちと手分けして金と大切なもんを持って逃げんしたが、椿は見世におられんかった。大丈夫だったんでありんすか?」

女将  「蓮太郎がさっさと焼け跡に行って掘り出して来たみたいだよ。あの子は色々大事な物があったみたいだからね。華屋に燃え移る前にも椿を助け出してからすぐに突っ込んで行ったらしい」

牡丹  「命知らずにも程がありんす。そんでも、払いが出来たなら目くじら立てて祭りに行くんを止め立てする必要もありんせんな」

辰巳  「火事の時、男衆は皆命懸けでしたよ。風向きが幸いして華屋に燃え移るまでに大分時間があったので、可能な限りのものを持ち出しました」

女将  「着の身着のまま逃げ出した女郎もいるが、大切な物を失った妓(おんな)も多かろうね」

辰巳  「楼主の遺品についてはほぼ無事でしたよ。元若衆の冬馬がほとんど持って行った後でしたので」

女将  「まぁ、焼けちまったもんに未練遺したって仕方ないさ。・・・で、辰巳、回収出来たのかい」

辰巳  「・・・? ああ、津止様の件ですか。未払いの内、一部ですが回収出来ました」

女将  「は・・・?! ・・・で、出来たのかい?! 知らぬ存ぜぬの一点張りだったじゃないかい」

辰巳  「店にお伺いしても門前払いでしたからね。・・・あぁ、ところで現在津止様の2階はどうなんでしょうか」

女将  「止めてるよ、当たり前さ。けど門前払いならどうやって回収したんだい」

辰巳  「門前払いですから、門の中に入ってしまえば何とかなると思いまして」

牡丹  「ご・・・、強引でありんすな」

辰巳  「払って戴かなければ華屋としての立場が成り立ちません」

牡丹  「そりゃあまあ、そうでありんすが・・・。辰巳、余り危険な真似はしんすな」

辰巳  「俺達が出て行かなければならない状況と言うのは最終手段ですからね。危険は仕方ありません」

女将  「話を聞いて貰えたんだろう? 大丈夫なのかい?」

辰巳  「商売人である以上、商売上の話を聞き入れないなどと悪評を周囲広められては困るでしょうからね」

牡丹  「脅迫じゃありんせんか?!」

辰巳  「脅迫ですか? 本当の事ですよね? 儲けるだけ儲けて未払いのツケについては門前払い、と言うのは」

女将  「いや、まぁ、そうだけど」

辰巳  「二つ返事で快諾して、話を聞いて戴けました」

女将  「快諾って・・・、えげつないよ、お前は」

辰巳  「ただ、まだこれでも全回収ではありませんので、もう少し付き合いが長くなりそうですが」

牡丹  「辰巳・・・、気を付けるんだよ」

辰巳  「ありがとうございます」

女将  「・・・付け馬は息が短い。その意味が判らない愚か者じゃないだろう」

辰巳  「存じ上げております」

女将  「きちんと話を聞こうかね。辰巳、内証に来な」

 

 

 

女将  「津止様はうちに登楼するにあたって金が掛かる事は知ってたんだろう?」

辰巳  「華屋に登楼るというなら身分や紹介者を提示しなければなりませんから、まずはあちらも調べる筈でしょう」

女将  「どうして、未払いなんてしたんだろうね」

辰巳  「良くある話ですよ。ご子息の遊蕩の金は払いたくない、という理由です」

女将  「まー、大店とは言え大抵の2代目はぼんくらだと相場が決まってるってなもんだ」

辰巳  「自分のツケではない、と仰っていました」

女将  「馬鹿言ってるよ。いくら息子とは言え切継様がうちの牡丹の所に通って飲み食いしたというのは事実だろうが」

辰巳  「時に女将、両替商の菱和屋が華屋の客だというのを聞いたのですが、真偽をお伺いできますか?」

女将  「両替商の菱和屋は椿の客だよ。これまた随分と羽振りがいいけど、払いに滞りはない。大きく寄席を開いて、という事もないが、そうだね・・・、同業の津止屋様とは余り仲は良くないだろうね」

辰巳  「株仲間が違うので相容れぬ仲でしょうね」

女将  「津止屋は将来的に本両替商の株仲間に名を連ねる事を考えている。菱和は未だに両替のみ、景気上場な協力体制の水面下で同業の商売がどうなってるかなんて、あたし達は知る必要もないからね」

辰巳  「同じ見世に通っているというのは、津止屋と菱和屋様のお二方はご存じなのですか?」

女将  「津止は知らないよ。菱和屋は、多分だけど知っているね」

辰巳  「菱和屋が、椿、花魁・・・、ですか」

女将  「まーぁ、菱和は悪巧みを考えそうな面構えだからねぇ。椿とは相性もいいだろうよ、ははは」

辰巳  「笑いごとですか」

女将  「毒を持った蝶程怪しく光るというからね。吸い寄せられるのは花か蜘蛛か。まぁ、何事も起こらない事を願うしか出来ないさ」

辰巳  「時既に遅し、ではないんですか?」

女将  「椿にはきつく言っておくさ」

辰巳  「聞きますか?」

女将  「あの子だって客は見る。全部が全部企みを引き受けるんじゃ、考えなしにも程があるだろう」

辰巳  「比較的見境がない様に思いますが」

女将  「んまぁ、そこはあの子が付け馬を信用しているという事で」

辰巳  「あぁ、出来れば駆け回り止まりにして欲しいですね?」

女将  「なんの、仕事があるのはいいことじゃないかい」

辰巳  「訪問一回で必ずその日に払っていただけるなら付け馬なんて要らないんですよ。それが出来ないから数回における訪問をして、周囲との関係性や金銭巡りなどを調べて半ば脅迫めいた事や強引な手口を使って、払って頂くんです。回収実績が低いと困るのは見世でしょう」

女将  「あたしも、付け馬の面々は信用してるよ」

辰巳  「・・・、そろそろ辞めさせていただこうかと」

女将  「あー、いや済まない。判ってるよ。ただ、分を弁えない客というのも問題があるさ」

辰巳  「・・・、今まで牡丹花魁が客の懐具合を図れず、客を追い詰めたなどという話はありません」

女将  「ちょっと牡丹を信頼しすぎじゃないかい? お前が携わっていないだけで他の付け馬に回収させた事例ならあるよ。まぁ、それで店を潰しただの、縊り死んだなんてこたないけどね」

辰巳  「菱和屋の事を聞いたのは、それぞれの敵娼が牡丹花魁と椿花魁だという事が気になったからです」

女将  「菱和屋が何か企んでるとして、椿が口を割るとは言い難いからね」

辰巳  「・・・、蓮太郎から何か聞けないでしょうか?」

女将  「あたしから聞いたってあの子は答えやしないよ。自分に利益があるか、椿の身が危険に脅かされるかしないとね」

辰巳  「利益・・・」

女将  「あー、やだやだ。ちょっと機転が利く人間はすぐ何か画策をする」

辰巳  「払って頂くのは勿論ですが、考えなしに紙花をばら撒いたせいで中々素晴らしい金額ですので」

女将  「・・・、幾らなんだい?」

辰巳  「ご存知だったんじゃないんですか?」

女将  「番頭と掛回しとあんた達付け馬が知っていればあたしは別に知ってなくても問題ないからね?」

辰巳  「問題ごとに発展しそうな案件はせめて知っておいた方がよろしいのでは?」

女将  「あんた達付け馬が走る。それは既に問題ごとさ。イチイチそんな事まで覚えていられるかい、年増をなめんじゃないよ」

辰巳  「自慢できることじゃない気がしますけど」

女将  「だいたい、火事で何もかも燃えちまったんだ。可能な限りは番頭や若衆に言って持ち出させたが限界がある」

辰巳  「その中に、津止屋ご子息の帳簿はなかったんですか」

女将  「あったかもしれないけど、見てないよ。これを機に払いを逃れようなんて輩もいるからね。あんたたち付け馬は今が一番忙しいんじゃないかい?」

辰巳  「あぁ、協議で賃金の底上げを訴えようかと思っていた所です」

女将  「笑顔で言うんじゃないよ。お前達が回収してこなきゃその払いだって出来ないんだよ!」

辰巳  「承知しています」

 

 

 

辰巳  「蓮太郎、先日持ってた挙母祭りの瓦版を見せて貰えないか」

蓮太郎 「辰巳さん。いいですけど・・・、祭り、行くんですか?」

辰巳  「その積もりだ。行きたいとは直接言われた訳ではないがソワソワしてるのが見え見えだから」

蓮太郎 「あー・・・、まぁ、そうですよね。そういうとこ、ありますよね」

女将  「辰巳、ちょっと手伝いな!」

辰巳  「なんでしょう? 急用ですか?」

蓮太郎 「随分険しい顔ですね」

女将  「妓夫(ぎゆう)が他の仕事で半分以上出払ってんのさ、あんた腕っぷし立つだろう。中庭に来な」

辰巳  「中庭? 掃除ですか? 狸でも出ましたか」

蓮太郎 「中庭、って。本来はいる筈の妓夫(ぎゆう)・・・、ってこの揃いは」

女将  「向日葵が若衆と寝たのさ」

蓮太郎 「・・・っ?! ・・・それで、体罰、ですか。仮宅とは言え華屋としての面子はどうなったんですか」

女将  「通常の見世なら当たり前の事だろう」

辰巳  「ここは華屋です。短絡思考で女郎を傷付けたりしない。先代楼主と共にその方針を貫いて来たのでは?」

女将  「そうさ。ご法度と単純に括って体罰なんてのはあたしも忍虎も納得できなかったんでね」

蓮太郎 「それが、変わったという事ですか? 法の通りに制裁を加える方針に」

女将  「変わっちゃいないよ。だが、今後の事を考えると緩すぎる法は少し見直す必要があるだろうね」

蓮太郎 「見直す? その前に向日葵花魁とその若衆に制裁を加えるというなら納得できない者もいる筈です」

女将  「納得できないのはお前だろう、蓮太郎。椿と心を交わしている以上いつ処罰対象になるか判らないから」

蓮太郎 「・・・っ。俺の存在が悪影響だというなら幾らでも他の方法を探します。椿を傷付けさせたりはしない」

女将  「迂闊に線引きを超えるようなこたあんたはしないだろうさ」

辰巳  「華屋の方針が現時点で変わっていないならどうして体罰ですか」

女将  「あんた達には想像もつかないだろうさ。見せしめだ、お前も来な、蓮太郎」

蓮太郎 「俺は・・・」

女将  「魔が差した時のお前達の将来だ。それとも見るのが怖いかい、椿はとっくに中庭で見てるよ」

蓮太郎 「椿が・・・? ・・・行きます」

辰巳  「蓮太郎、余り現状の変化に慌てて物事の真理を見損なうな」

蓮太郎 「判っています。花魁に体罰を加えるのは決して見世として賢い選択ではありませんから」

辰巳  「華屋を長く見て来たが、ただ同じ見世の恋慕というだけではやはり罰された事はない」

蓮太郎 「恋慕に付随する何かの原因があったという事でしょう」

辰巳  「元来、同じ見世の恋慕が禁じられるのは、他の罪を重ねる恐れを防ぐものだ。そこに至らない限り必ずしも罰せられる訳ではない。お前は、罰せられる理由はない」

蓮太郎 「現状に胡坐を掻いて油断すれば今回制裁を受けたのは俺だったかもしれません」

辰巳  「潔白であれ、そういう意識がきちんと根付いているなら大丈夫だ」

女将  「道具と、若衆は揃ってるね! そっちの若衆はさっさと着物剥いで打ちな! 容赦は要らない」

辰巳  「そちらは元々の妓夫(ぎゆう)に任せておいていいんですね?」

女将  「構わないよ。二人で連続して打てば十分だろう。お前は向日葵を柱に括り付けな」

辰巳  「はい」

蓮太郎 「ほとんどの女郎が集まっているな・・・。椿は、・・・いた」

女将  「仮宅の昼見世時なんざ閑古鳥が鳴いてるからね、みんな暇だろうよ」

辰巳  「女将、括り付けは終わりました」

女将  「大声あげられちゃ敵わないからね、ご近所さんに迷惑だ。猿ぐつわ噛ませな」

辰巳  「・・・、はい」

蓮太郎 「椿・・・。大丈夫か」

椿   「あたしは・・・、そんな馬鹿な真似、しない」

牡丹  「水面下で通じ合って居る者もおりんす。椿や蓮太郎以外にも・・・。何ゆえ向日葵だけが罰せられんすか」

女将  「あたしはね、大抵の事は目を瞑るよ。同じ見世は禁忌と言われていようが毎日顔を合わせるんだ。恋慕の情がわかない筈もない」

牡丹  「何より、わっちらの為に身を粉にして働いているのが若衆でありんす。感謝が恋慕に代わる事もありんしょう」

辰巳  「若衆は花魁と見世の為に命を張る。それが勤めです。それにより収入を得ている」

女将  「油断する妓(おんな)も当然いるさ、若衆もね。あたしが椿と蓮太郎を赦しているから自分も赦されるだろうと勘違いする妓(おんな)がいる」

蓮太郎 「・・・」

椿   「わっちらを引き合いに出しんすな、腹立たしい。そんな短慮で関係を持ったりはせん」

女将  「惚れあってるあんた達が寝てないなんて誰が考えると思う?」

蓮太郎 「人は自己を甘やかす理由を探します。勝手な想像もその範疇です。俺達は褥を共にはしていません」

女将  「事実がそうであったとしても誰もそこに注目しやしないよ」

蓮太郎 「無駄なあがきだと言いますか。総名主のあなたが」

牡丹  「お母さん。罰しておりんすは向日葵でありんす。蓮太郎や椿はひとまずおいて置きんしょう。向日葵の相手の若衆は? 役どころは何でありんしょうか」

辰巳  「掛け回しの康彦ですよ。俺は彼らが徴収できなかったツケの一覧を毎月貰うんで良く知っています」

牡丹  「掛け回し・・・? 客が払いに来たツケの帳尻を合わせる?」

女将  「そうさ」

蓮太郎 「番頭配下の男衆が、花魁と? 何の接点があって?」

辰巳  「仮宅に来て一番に確認するのは売掛。そこから露見した犯罪が見付かったという事ですね」

女将  「若山から避難する時に女郎の無事は確認できたからね。次は金さ」

辰巳  「帳簿と実際の金が合わなかったんですね? そこで詳細を調べた」

蓮太郎 「纏まっていた筈の帳簿の内不足金があった・・・?」

牡丹  「お母さん・・・、先月の中頃に借金を払いたがらない花魁はウチにはいないって・・・? 不足金が向日葵のせいとでも?」

辰巳  「いえ、おそらくそんな単純な理屈ではないでしょう」

蓮太郎 「掛け回しの康彦が拷問を受けている現状を考えれば行き付く答えには限りがあります」

女将  「まずは向日葵の稼ぎが借金返済額に及ばなかったんだよ」

牡丹  「・・・向日葵は正味五位の花魁でありんすよ? そんな、足りないなんて」

女将  「そう・・・、先月は・・・。いや、先月も向日葵は滞りなく払って居たさ。今月だってこんなことがなけりゃあ払えるだろうよ」

蓮太郎 「こんな事がなければ、払える?」

辰巳  「康彦がこんな形で処罰されなければ、向日葵は借金を返せていた」

牡丹  「それでも処罰の対象になりんすか?」

女将  「なんだい? あんた随分向日葵の肩を持つじゃないか」

牡丹  「口答えをする訳じゃありんせん。けんど、明確な線引きが判らんと他の女郎や遊女にも示しがつかんのと違いんすか」

女将  「辰巳が掛け回しだと言ったろう。それで判らないかい?」

蓮太郎 「・・・、牡丹花魁。あなたには見えない金の動きがあったという事です」

牡丹  「蓮太郎・・・?」

辰巳  「先月も先々月も向日葵花魁の事実上の借金の払いは足りなかった」

牡丹  「事実上の? けんど、それは・・・、番頭の見落としじゃありんせんのか?」

辰巳  「いいえ。きちんと払えば番頭の目は逃れられます」

牡丹  「逃れられる・・・? ごめんなんし、言っている意味が、判りんせん」

椿   「掛け回しは帳簿の整理と共に事実上の金子と帳簿の相互を調べんす。帳簿を誤魔化したか、または確認済みの金子箱から金を持ち出し、向日葵花魁に渡す。そうして向日葵花魁は貰った金を借金として払う」

牡丹  「は・・・? 椿・・・、それは」

椿   「盗み、窃盗、犯罪でありんす。立派な粛清対象になりんすな」

牡丹  「向日葵が・・・? そんな・・・」

椿   「元より間夫・・・、若衆に入れ込んでいるなら客へのご奉仕もおざなりになる。そうなれば当然祝儀の減額もあり得る。単純な話でござんしょう?」

牡丹  「単純って、そんな犯罪を簡単に・・・っ!」

辰巳  「牡丹花魁にはそんな不正思いつきもしないかと存じ上げます」

女将  「お前はそれ程切羽詰った事はない。お職の肩書があるんだから当然さ」

牡丹  「お母さん、それはわっちがお職の肩書だけで稼げていると?わっちとてお職である為の努力を怠ったりはしておりんせん!」

女将  「そうは言っていないさ。お前の揚げ代は夜一両二分。それを上回る祝儀がなければ相手して貰えない事を知っているから客は金を出す。実力不足だとは言わないが、肩書の恩恵が一切ないとは思わない事だね」

牡丹  「恩恵がないとは言っておりんせん」

辰巳  「牡丹花魁にはお職の肩書、椿花魁には次期お職の肩書、三位の芍薬花魁は備え筋としてやはり客もそれ相応の覚悟がいる。祝儀一つで客を振る権利を持っているのは正味三位までです」

牡丹  「花魁の肩書を持っている以上その権利はありんしょう?」

女将  「あるさ。客を振っても構わない。振って他の客が居るなら、ね」

牡丹  「・・・は?」

女将  「毎日毎日、何人も馴染み客が重なる事が他の花魁にあると思っているのかい? 牡丹、あんたは世間を知らなさすぎる。己の境遇を当たり前と勘違いして格下の花魁の花魁達の苦労を知ろうとしない」

牡丹  「事実、向日葵は何の罪で罰せられんすか」

女将  「意図的に、掛け回しの康彦に声を掛け同衾したんだよ。惚れ込ませて帳簿整理の時に金を持ち出させる為に」

牡丹  「そんじゃ、康彦は・・・? 向日葵の為だというなら」

女将  「唆されたとはいえ事実上売り上げを持ち出したんだ。ただで済む筈がないだろう」

蓮太郎 「見世の売上に手を付けた輩に情状酌量なんてありませんよ」

牡丹  「なんてことを・・・、向日葵!! 何という事を!!」

辰巳  「向日葵花魁のせいばかりではありません、牡丹花魁。康彦の責任は重大です」

牡丹  「そんな・・・」

女将  「恋慕がご法度とは言え、あたしゃ男女がいればそういうものが生まれる可能性が多分にあるこた知ってるさ。だから秩序を乱さないなら罰する事をしない。闇雲に目を光らせて若衆と花魁の関係にばかり気を配ってなんていられないからね」

牡丹  「お母さんはわっちら遊女、特に花魁は商品だからって理由もありんしょうが、今までこんな手荒な真似はせんかった」

女将  「小物屋や甘味処の様に物が大人しく並んで買われるのを待っていられるなら、その商品に疵を付けるなんざ馬鹿なこたしないよ」

牡丹  「それは、お母さんの思いやりだと思っておりんした。わっちが見損なっておりんしたか」

女将  「商品が自分の意思を持って動くんじゃあ、店の旦那の様に座布団にふんぞり返ってもいられないんだよ」

牡丹  「菖蒲の時は、折檻する時も、あんなに悩んでいたじゃありんせんか!」

女将  「菖蒲はね、向日葵とは事が違う。納得出来ないんだろう。この処罰が終わったら後で辰巳と二人、内証に来な」

牡丹  「辰巳・・・、と?」

蓮太郎 「・・・、辰巳さん。大丈夫ですか?」

辰巳  「大丈夫だ。明らかな考え方の相違は今の所ない」

 

蓮太郎(M)「折檻の間、椿はそこから動かなかった。猿ぐつわを噛まされたままの向日葵花魁が拷問の苦痛に顔を顰める様を、呻き声を、椿は自身に刻み込む様に見つめ続けた。己に対する戒めなのか、俺の着物の袖を握り、睨み付け唇を噛み締めて。

決して己はそうあってはならないと言い聞かせていたのだろう。・・・、けれど俺は・・・。

今俺達がいるここは、遊郭とは違う。藩主公認の祭りが控える町の喧騒が心をかき乱す。

・・・、ここには逃走を阻害するお歯黒溝も、塀も、大門もないのだ」

 

 

 

女将  「さて、辰巳。どうしてあたしが今回の折檻をあんたにやらせたか判るかい」

辰巳  「腕の覚えがあり、過去妓夫(ぎゆう)の経験がある。また、現在、若山の華屋警備の為に妓夫(ぎゆう)を派遣しているから人数が足りなかった。俺に予想できるのはこの程度です」

女将  「まぁ、あんたから何か聞き出せるとは思っちゃいないよ。そんじゃあ牡丹、判るかい?」

牡丹  「辰巳に・・・、拷問器具を持たせて向日葵を打たせた事情を、わっちが知っていると思う理由など判りんせん。お母さん! 康彦は苦渋に耐え切れず舌を噛み切って死にんした!」

辰巳  「売り上げを盗んだのですからどの道死罪です」

女将  「お前は・・・、誰にでも彼にでも優しすぎるんだよ。罪人にまで」

牡丹  「どの道死罪だったとして・・・、菖蒲と向日葵の違いが判らん」

女将  「楼閣ではね、何があっても守らなければならない秩序の線引きがある」

辰巳  「楼閣に限らず秩序の線引きはあるでしょう」

女将  「あたしゃ楼閣でしか働いてこなかったんでね、他の所の事なんざ知るもんかい」

牡丹  「菖蒲は己で売り上げに手を付けた。向日葵は若衆を使ってとはいえ同じことでありんす。両方ともが罰せられなければならないことくらいはわっちも判りんす。けんど、向日葵の時は情のかけらも見せんかった。何ゆえでありんしょうか」

女将  「菖蒲は元々集合の筈だったさ。とんでもない別嬪だったが生娘でない上に年嵩が行ってた。とても花魁の躾がはかどるなんて考えなかったよ」

牡丹  「それも知っておりんすが、そんならなんでわっちと一緒に学ばせんした」

女将  「頂点を取らせろと本人が言ったからさ」

牡丹  「菖蒲が?」

女将  「十五で売られた女が、己の人生を諦めるでなく女衒から買い取った後に頂点の躾をしないなら、楼閣が払った六両はムダ金になるってね」

辰巳  「頂点か死か、と選択を迫ったんですか」

牡丹  「そんな強引な」

女将  「あー、あたしはそういう妓(おんな)は嫌いじゃないよ。自分の価値を知り励む妓(おんな)は金になる。藤の妹も空きがあったからね、ダメ元で送り込んでやったのさ」

牡丹  「始まりがわっちよりもかなり遅いのにあっという間に色々覚えてしまって、正直焦りんしたよ」

女将  「まぁ、年季が違うんだから到底あんたに追いつく事なんてできゃしないとは判っていたけどね。だけど気概が違う。突き出しを終えてからのあの子の働きは正味三位の肩書に引けは取らなかったよ」

辰巳  「思い出話をする為にここに呼んだというなら戻らせていただきたいのですが」

女将  「牡丹が納得するまで待ちな。短慮で動く馬鹿な男だと思わせないどくれ」

辰巳  「・・・、ふー・・・。判りました」

女将  「菖蒲は自己研鑽を怠らなかった」

牡丹  「向日葵は、違ったと」

女将  「犯した罪も結果も何一つ変わらない。けどあたしの顔色一つがそんなに気になるのかい」

牡丹  「向日葵も今座敷牢に入れられておりんすが、死罪になるんでありんしょう? それとも、切見世」

女将  「そうさね、死罪にするにしても見世があの子にかけた費用と借金を鑑みなけりゃ首一つ刎ねられないよ」

辰巳  「牡丹花魁、ご同朋を想う気持ちは判りますが犯した罪の大きさを知り贖わなくてはなりません」

牡丹  「判っておりんす!」

女将  「向日葵が康彦と足抜けでも企てたってならあたしだって同情の一つもしたさ」

牡丹  「意味が判りんせん! 妓楼の女将が? 足抜けに賛同するとでも言いんすか!」

辰巳  「己の将来を切り開く為に盗みを働き、未来を夢見たなら人としてぎりぎり救いようもあるでしょう」

牡丹  「辰巳?」

辰巳  「ですが向日葵は、別段康彦に惚れているわけでもない、己の将来を見据えたわけでもない。現状に胡坐を掻く為に怠惰な気持ちでいかにこの遊郭で楽をし年季明けを迎えるかを考えて罪を犯したんです」

女将  「辰巳の言う通りだ」

辰巳  「菖蒲花魁が犯した罪を擁護する訳ではありませんが、事を比べるには余りに故人に対して酷いのではないかと」

牡丹  「お母さん・・・、向日葵は・・・」

女将  「あたしに唾を吐いたよ」

牡丹  「・・・っ?!」

女将  「向日葵と康彦が時折見世を抜け出して裏茶屋で密会してる事は知っていたよ。1年とちょっとくらいだね」

牡丹  「そんなに、長く続いていたんでありんすか?」

女将  「けど、花魁だって誰だって誰かの支えなしに生きて行ける訳じゃない。恋慕で慎ましやかに将来を契っているならそれでもいい」

牡丹  「向日葵が康彦への恋慕がなかったというなら、康彦は何が為に死んだでありんすか!」

女将  「何が為? 己の愚かさに死んだに決まってるだろう! 自分の為に金を盗んだなら情状も汲んではみるさ! 罪は許さないし死罪は変わらないけどね! 拷問や見せしめなんて必要なかっただろう! けど、妓(おんな)に盗んだ金を貢いで逢引なんざ言語道断! 互いの利己的な考えで盗みを働いたんだ」

辰巳  「女将、おそらくどれだけ話した所で牡丹花魁には理解が及ばないでしょう。おかしな画策をしなくても生きる力、頂点を守れる力がある人です」

女将  「はぁー・・・、そうだね。所で、あんた達二人を纏めて呼んだのは他にも理由があってね。お前達に関する妙な噂を聞いたんだが」

辰巳  「・・・、妙な噂、ですか」

牡丹  「こんな話の後でわっちら二人とは・・・。おおよそわっちと辰巳が出来ているとでも聞いたんでありんしょう?」

女将  「そうだね。辰巳を肩持ちとして、牡丹花魁はあまりにも優遇している。道中の打ち合わせと称しては二人で話す事が多い。礼と称して茶を飲みに行くことがある。とまぁこんなもんかね?」

牡丹  「せっかく自分に合った肩持ちが見付かって道中も踏みやすくなったというのに、変えねばなりんせんか」

女将  「・・・、まぁ、辰巳は誰から見ても頼り甲斐のある男前だ。辰巳を肩持ちとして買えない妓(おんな)のやっかみともとれるがね」

辰巳  「褒めて賃金据え置きで仕事量でも増やす積もりですか」

女将  「ああ、それもいいねぇ」

辰巳  「本気で転職を考えてもいいですか?」

女将  「娑婆に出るのかい」

辰巳  「なるほど、華屋を辞めて他の見世に居場所があると思うなよ、と聞こえます」

女将  「耳がいいね。まぁま、あんたほど働く男が余所の仕事なんてやったら暇で死んじまうさ。ウチくらいが丁度いいよ」

辰巳  「で、その信頼の下に牡丹花魁との関係を疑われているわけですね?」

牡丹  「わっちに話せる事なんなにもありゃあせんよ」

女将  「さーてね。向日葵や菖蒲の様な愚かな真似をしなきゃ別にどうでもいいんだがね。蓮太郎と椿もそうだが、稼ぐ奴らを罰すれば損にしかならないからねぇ」

牡丹  「辰巳はお気に入りの肩持ち、それだけでありんすよ」

女将  「そうかい。そんなら深く聞くのはやめようかと思ったが・・・、実際どこまで行ったんだい? 寝たのかい?」

辰巳  「年増の出刃亀にお伝えする事は何もありませんが」

女将  「あぁん?! お前いい年こいたおっさんが年下の女捕まえて年増とかいうんじゃないよ!」

辰巳  「楼主はよくこんなじゃじゃ馬と祝言を挙げたと感心しますね」

女将  「忍虎の悪口を言ったら赦さないよ」

辰巳  「今のは楼主に対する悪口ではないですね?」

牡丹  「あや・・・、その、お、お母さん? 辰巳? その、喧嘩は良くありんせん」

女将  「牡丹は黙ってな。この男はあたしよりちょっと年が行ってるからって若衆の中で最も態度がいけ好かないんだよ」

辰巳  「それはそれは、こき使っておきながら大した言い分ですね」

女将  「ふん! 話は終わりだ。辰巳、夜寝る時は寝首を掻かれないように気を付けな」

 

 

 

蓮太郎 「辰巳さん祭りの詳細、入手できました?」

辰巳  「あぁ、あちこちで版元が競うように売っているから簡単に手に入った。こっちは蓮太郎の分」

蓮太郎 「ありがとうございます。1枚4文でしたね。2枚ですから8文」

辰巳  「ん。あと、これは大判だから少し値段が高かったんだが必要だろう」

蓮太郎 「的屋通りの地図ですか。うわ、判りやすく図解してある。椿、ほら、食べたいものがすぐ判る」

椿   「むぅ・・・、二人きりじゃないんだ。この人、誰だっけ?」

蓮太郎 「うわ、凄い仏頂面」

辰巳  「三日前に牡丹花魁の部屋で会いましたが」

椿   「名前まで聞いてないと思う。ていうか、興味ない」

辰巳  「あー・・・。まぁ、俺の顔を全く見なかったので何となくそうは思っていましたが」

蓮太郎 「済みません、面識がないとそっけない反応になってしまって」

辰巳  「既に旦那の様ないい方だな。椿花魁の礼儀をどうしてお前が謝る? 蓮太郎」

蓮太郎 「あ、ぅ・・・。で、その大判の瓦版はいくらですか?」

辰巳  「30文だ。ここに花火の時間も書いてある。河川敷の花火は一万発を超えるそうだ。楽しみだな」

蓮太郎 「一万発?! それは、凄いですね。見応えがあります」

辰巳  「岡崎宿からどれだけの花火師が争ったかは知らないが、今までにない祭りになるだろうな。お互い楽しもう」

蓮太郎 「椿、辰巳さんは出掛けに一緒になっただけだよ。この後は別れて行動するからそんなにぶすくれない」

椿   「ふーん? 辰巳さんの、後ろにいる人が恋人・・・、ん・・・、んん・・・? あ、・・・あれ?」

蓮太郎 「あ、気が付いた?」

椿   「頬かむり被ってるから判んないけど、あの浴衣は見た事ある。それにあの胸の大きさとかすっごい見覚えがある」

蓮太郎 「うん、だろうね」

椿   「なんで、だろうね? 牡丹姉さんの浴衣だよ? あと、胸」

牡丹  「ばぁ」

椿   「・・・ば」

辰巳  「あ、固まった」

蓮太郎 「・・・、椿? ・・・、おーい・・・、椿? ・・・、あ、ダメだ」

牡丹  「なんでござんしょ、わっちが外を出歩くのがそんなにおかしいんでありんすか?」

蓮太郎 「あぁ、それは普通におかしいですね」

牡丹  「蓮太郎?! おんし失礼な!!」

辰巳  「間違ってはいない、と思う。うん」

牡丹  「辰巳まで! わっちだって必要があれば外に出る事もありんす!」

辰巳  「済みませんでした」

蓮太郎 「けど、頼めるならそこらの若衆に賃金渡して頼んでるじゃないですか」

辰巳  「俺と出掛けるのは人に頼めることじゃないだろう?」

蓮太郎 「楽しみにしていたようですからね。そうやって出掛ける事が多くなるのは好ましい事だと思いますよ。体の為にも」

牡丹  「蓮太郎は、わっちを怠け者扱いしすぎでありんす!」

辰巳  「花魁、そろそろ行きましょう」

蓮太郎 「ひとまず、椿は俺と一緒に行くのでこの辺りで失礼します。お二人ともお気を付けて」

牡丹  「椿、蓮太郎も気を付けて」

 

 

 

椿   「ぬぅー・・・、蓮太郎は、牡丹姐さんと辰巳さんが付き合ってるって、いつ知ったの?」

蓮太郎 「角名賀が焼ける2、3日前くらい?」

椿   「なんで、知ったの?」

蓮太郎 「裏茶屋の花里茶屋で目撃した」

椿   「・・・っ?! う、う、うら、ううう、裏茶屋って?! 裏茶屋っていったらそれって」

蓮太郎 「あー、うん、多分、それは、仲睦まじい事になっているんだろうな、と」

椿   「それ、いいの? 蓮太郎。私とか蓮太郎とかすごく我慢してるのに!」

蓮太郎 「それについては自分達で決めた事なんだから、人に強要はしないよ」

椿   「う・・・、うん、そうだった。でも、牡丹姐さんは、お職、だよ?」

蓮太郎 「散り華だって通ってたんだろう? そういうのがあるっていうのと」

椿   「言うのと? ・・・なんか悪そうな顔してる」

蓮太郎 「まぁ、裏茶屋の二階に上がるのを目撃して黙ってるんだから、俺達の事は大目に見て貰わないとね」

椿   「へぁ?! れ、れれ、蓮太郎・・・、それ、脅迫材料手に入れたって聞こえる」

蓮太郎 「うん、そう言ってる」

椿   「蓮太郎・・・って、敵多そうだね?」

蓮太郎 「かも。・・・、とは言え辰巳さんが真面目な人だから俺は驚いた」

椿   「んーと、あたしは辰巳さんは余り知らなくて」

蓮太郎 「俺も直接は関わりがないよ? 元々は不寝番からの喜助で、腕っぷしと口が達者なので掛け回しになって、回収率が良いって言うんで付け馬になったらしい」

椿   「へあー、有能な人なんだね。・・・ん? お料理番とは接点がないよね? なんで知り合いなの?」

蓮太郎 「俺も、辰巳さんも良く肩持ちをするから」

椿   「そっちかー。辰巳さん、男前だもんね。キリッとした眦とか、キュって吊り上ってる眉とか、鼻梁通ってるし背も高いもんね」

蓮太郎 「・・・」(モヤっとする)

椿   「体付きもがっしりしてるから、肩持ちの時に安心するんだろうね。頼れるっていうの? ねっ!」

蓮太郎 「・・・うん」(モヤモヤ)

椿   「けどあたしは、全然好みじゃないし、やっぱり蓮太郎が好きだなー」

蓮太郎 「あぁ、はい」(安心)

 

 

 

牡丹  「ごめんなんし、辰巳」

辰巳  「普段から歩き慣れていないのですから仕方ありませんよ」

牡丹  「ほんに、椿の様に昼間中出掛けて歩き回っていれば鼻緒ずれなどせんだろうが、わっちは余り出掛けん。ここまで来るだけで歩けん様になるなん思いもせんかった」

辰巳  「俺がもっと注意をしていれば良かったんですよ。これだけ歩くとなると事前にもっと鼻緒を慣らしておけば良かった」

牡丹  「・・・そういえば、椿はちゃっかり鼻緒の真ん中に遊び布を入れて居た様な・・・?」

辰巳  「多分蓮太郎が前もって準備していたんでしょう」

牡丹  「さすが・・・。連れまわるのも慣れておりんすな」

辰巳  「・・・それは、申し訳ありません」

牡丹  「辰巳のせいじゃないと何度言えば」

辰巳  「少しここで休んで居て下さい。少し戻れば小物屋があった筈ですので、遊び布と包帯を買って来ます」

牡丹  「ごめんなんし」

辰巳  「それと、水筒です。休んで居て下さい」

牡丹  「辰巳、気を付けて」

辰巳  「あぁ、暑いでしょうが頬被りは掛けておいてください」

牡丹  「町中で、それは怪しすぎやせんか?」

辰巳  「あなたはきれいすぎるんだと、もう少し自覚してくださいね」

牡丹  「・・・あ、はい」

辰巳  「では、行ってきます」

牡丹  「行ってらっしゃい」

 

牡丹(M)「・・・行ってらっしゃい、なん初めて言いんしたな・・・。己の元に帰ってくる人を送り出す言葉。客は己の元に来るか来ないか。わっちの元が居場所ではない。若山のわっちは、仮初めの夫婦の真似事、おきちゃは外に本物の居場所がある人達。

・・・、今頃人の帰りを待つなどという気持ちを知るとは思いもせんかった」

 

 

 

椿   「山車凄い豪華だったね」

蓮太郎 「やー、あんなにてんこ盛りの紙吹雪撒き散らして、掃除が大変だなと思った」

椿   「何それ、楽しくなかったの?」

蓮太郎 「・・・、うん。実を言うと余り楽しめなかった」

椿   「え・・・、あ、そ・・・っ、か。そうよね、仕事もあるし、帰らなきゃいけないのに・・・」

蓮太郎 「どこに行っても人混みで思う様に進めないし、椿は傍に居るか不安だったし、手を離さないように必死だったのに、椿は俺じゃなくて祭りばかりに気を取られてるし」

椿   「ふぇ・・・?」

蓮太郎 「楽しくなかった」

椿   「蓮太郎の、膨れっ面って・・・、初めて見た」

蓮太郎 「暮れ六つまであと1刻くらいだ、戻らないと」

椿   「・・・っ、・・・、・・・」

蓮太郎 「・・・椿?」

椿   「・・・う。・・・、・・・」

蓮太郎 「ほら、帰るぞ?」

椿   「・・・、ぅ・・・、・・・、・・・・・・っ、・・・や、・・・だ・・・」

蓮太郎 「・・・え?」

椿   「・・・、か、かえり・・・、たく・・・、な、い」

蓮太郎 「椿?」

椿   「・・・っ! な、なんでもない」

蓮太郎 「馬鹿。・・・そんな、立ち止まって震えて、泣きそうになりながら言った癖に、なんでもない?」

椿   「だって! ごめん、判ってる、最低。次代とまで言われてる癖に、夜見世サボろうとするなんて有り得ないよね。ごめん、自分の立場も影響力も判ってる。ただ、災害だとは言え大門の外にいるから、だからちょっと仮宅にいる間は落ち着きがないって牡丹姐さんにも怒られちゃって、こんな浮付いて、良くないよね。大丈夫、ちゃんと、帰るから」

蓮太郎 「椿・・・」

椿   「・・・蓮太郎。後ろから、抱き締めたりなんて、しないで? ホントに、帰れなく、なっちゃう・・・」

蓮太郎 「その泣きそうなのも、震えてるのも、見世の仕置きや女将が怖いって言うなら帰る。けど、違うだろう? なんで、俺を怖がる?」

椿   「べ、別に、そんな、の。蓮太郎を怖がったり、しない」

蓮太郎 「嘘吐け」

椿   「だって・・・、だって! 仕置きなんて怖くないもん。お母さんだって実績があれば、最悪取り立て日に色付けて借金返せば正直何も言わない事も知ってるから・・・。でもあたしは、蓮太郎に軽蔑されるのが一番、怖い」

蓮太郎 「俺は、ただの若衆だぞ。楼主じゃない。どうせ祭りで、客足もほとんどなくてお茶挽くのが判ってる仕事を1日休んだだけで軽蔑なんてしない」

椿   「・・・、いいの? ・・・、戻らなくて」

蓮太郎 「良くはないんじゃないか?」

椿   「・・・っ」

蓮太郎 「良くはないだろうけど、俺も帰りたくない、な」

椿   「うにゅぅ・・・、帰るのやめるぅ! お仕事なんてクソクラエだぁ!」

蓮太郎 「そんな下品な事言って抱き着くのやめて欲しいかな」

 

 

 

牡丹  「怒っておりんせんか?」

辰巳  「女将に嘘を吐いた事ですか?」

牡丹  「隠されては、気分悪いかと思いんして。その、わっちは、お職としておきちゃを楽しませる事は出来んすが、殿方とそういうのは、あ、余り、なくて」

辰巳  「知ってますよ。というかご法度だと知りながらこうなって、何故それをわざわざ見世に報告する必要がありますか? 俺は拷問も死罪もご免です」

牡丹  「そりゃ、そうでありんすな」

辰巳  「生きて、あなたを愛したいので」

牡丹  「ばっ! ぼっ! ぶば!!」

辰巳  「え、何を言いたいのか全く予想ができないです、済みません」

牡丹  「おんし、実はおなごを垂らし慣れておりんしょう?!」

辰巳  「・・・? さぁ?」

牡丹  「おれがおぼごいだげが???」

辰巳  「なんて?」

牡丹  「な、何でもありんせん」

辰巳  「俺は、浮気なんかしませんよ」

牡丹  「辰巳・・・」

辰巳  「なんでしょう?」

牡丹  「わっちは、見世に辰巳との事は隠していたい。向日葵の様な下種な真似もしたくはありんせん。それ故、肩身の狭い思いもさせるかもしれんせん」

辰巳  「何があっても、俺の気持ちは変わりませんよ」

牡丹  「辰巳を疑える程わっちには恋慕の経験がありんせん。裏切られたら己がどうなるかすら判らん」

辰巳  「長年、馳せてきた想いがようやく実ったというのに、どうして俺が裏切ったりなどするんでしょう」

牡丹  「ご法度でありんすから、辛さに耐えかねて、という事はあるかもしれんせん」

辰巳  「さえを抱く極楽と法の目に裁かれる地獄を天秤にかけたら極楽が勝ちますね」

牡丹  「不思議でありんすな。今になって椿の泣いた理由が、怒っている顔が、己を磨く強さが身に染みる」

辰巳  「蓮太郎が目を離せない訳を、苦悩しながらも必死で守る意志の強さを。俺も今なら判りますよ」

牡丹  「わっちらよりも年下の、あの恋人に学ぶなど、思いもせんかった」

辰巳  「いつか・・・、あなたが袂に隠すお守りを、俺が貰い受けられればと思っています」

牡丹  「これは・・・」

辰巳  「郷の大切な方のお守りでしょう?」

牡丹  「このお守りは、幸せも苦しみも涙も何もかもを飲み込んで心を守ってくれる。恋慕だけでなくなったのはいつごろか覚えておりんせん。もう・・・、十五年もの思いを全部受け止めてくれたお守り。辰巳でなくとも、他の誰にも渡す事はありんせんよ」

辰巳  「なるほど、初恋の方は恋慕を超えて神仏になられた、と」

牡丹  「神仏・・・、ふ、ふふ・・・。そうでありんすなぁ。そうかもしれん」

辰巳  「牡丹花魁が今25だとするなら年季明けまであと二年、ですか。余裕で待てますね」

牡丹  「たっ、辰巳・・・?! 年季明けまで待つって、そ、その。それはっ! あの・・・っ!」

辰巳  「あぁ、遊郭から出るなら、何か手に職を付けねば。蓮太郎みたいに料理が出来る訳でなし、ふむ・・・」

牡丹  「辰巳・・・、わ、わっちは・・・。わっちも、何も出来ん。炊事も洗濯も、掃除も、何一つ学んでこんかった」

辰巳  「付け馬として働いて来たから店の知り合いは居ても良心的な付き合いはない。とするなら独自で出来る事・・・」

牡丹  「・・・。その、家に入っても何も出来んのに。それは・・・」

辰巳  「くす・・・。・・・さえ」

牡丹  「や、あの、待って・・・、わっちは」

辰巳  「年季明け、俺と一緒に大門を潜って貰えませんか」

牡丹  「・・・、・・・はい」

辰巳  「え? 済みません、花火の音で聞こえなかった」

牡丹  「人の一大決心を!! ・・・、もう・・・、年季明け、よろしくお頼み申しんす!!」

 

 

 

椿   「ふえぇえぇ、川って、大きいんだねー?? え? 華屋すっぽり入っちゃうよ?」

蓮太郎 「余り水の近くには行くなよ? 穏やかに見えるけど流れも深さもかなりあるから」

椿   「うん、判った。ねぇ、蓮太郎、この川って名前あるの?」

蓮太郎 「今見えてるのは人工的に作った支流の方だけど、本流に指定されるかもしれないな。矢作川っていう北東から流れてる川だよ。もう少し上流の方に行くと川魚が良く獲れる」

椿   「これ、人が作ったの? うっそ、すごい」

蓮太郎 「くす・・・、今日はすごいとしか言ってないな」

椿   「だって、見た事ない物ばっかりなんだよ? ん・・・、と、蓮太郎、何してるの? 蝋燭、岩に止めて」

蓮太郎 「風除けが上手く行かない・・・。あ、点いた」

椿   「なぁに? これ・・・、こより?」

蓮太郎 「線香花火。さっき的屋に売ってたから買った」

椿   「そんなの売ってたっけ?」

蓮太郎 「椿みたいに食べ物にしか興味ないと見逃すだろうね」

椿   「だって! きゅうりの浅漬け美味しいよ! はんぺんも、茄子の味噌焼きも、五平餅も鮎の塩焼きもとうもろこしも」

蓮太郎 「良く食べたなぁ・・・」

椿   「うん、お腹いっぱい。でも、甘い物食べられてない氷飴とか」

蓮太郎 「まだ、食べるの?!」

椿   「帰り、まだ的屋開いてるかなぁ・・・?」

蓮太郎 「お見逸れしました」

椿   「で、ソレ、なに?」

蓮太郎 「うん、ここ持って?」

椿   「こう?」

蓮太郎 「揺らすなよ?」

椿   「ぅ・・・? え? あ、わ! すごい! すごい花が咲いた! すごい! わ、・・・、アレ? 落ちちゃった」

蓮太郎 「こうやって、揺らさないように持つと、色々な形の花火が楽しめる」

椿   「すごい・・・。きれーい、ふふっ、ぱちぱち。ふびゃああ!! どぉんて雷?!?!」

蓮太郎 「あ、始まった」

椿   「は、始まった、って・・・? え、と、え・・・? ふ、わ・・・ぁ・・・」

蓮太郎 「花火、ここの河川敷が良く見えるらしいからどうしても連れて来たかったんだ」

椿   「すごいすごい! すごいすごいよ、ねぇ蓮太郎! 綺麗! こんなに大きいの初めて見た! すごく近い! 音が体に響いてくる」

蓮太郎 「遊郭では、こんなにしっかり見られないだろうから」

椿   「そもそもお仕事で座敷に入っちゃってるから、見れないよ。すごいなぁ・・・、本当に綺麗・・・。へへ・・・、こんなの、もう、多分二度と見れないよね」

蓮太郎 「・・・、椿」

椿   「悲観してる訳じゃないよ? 大丈夫。生涯見られないなら、ちゃんと覚えておきたいだけ、ちゃんと瞼の裏に焼き付けておかないと、折角連れて来てくれたのに、勿体ないから。明日から、普通に戻ってちゃんと仕事する・・・っ、んっ」

蓮太郎 「・・・」(接吻け)

椿   「・・・、ん、ん」

蓮太郎 「・・・、椿」

椿   「・・・好き、蓮太郎、大好き」

蓮太郎 「・・・ここを、もう少し下ると、関所がある」

椿   「関所・・・? て、蓮太郎?」

蓮太郎 「迂回して、西側から山道に入れば関所を通らずに町を抜ける事が出来る」

椿   「・・・、それ、って・・・、蓮太郎?」

蓮太郎 「二度と無い機会だと、思った。だから・・・、抜ける準備をしてきた」

椿   「・・・っ、あ・・・、し・・・、抜け・・・?」

蓮太郎 「仮宅に移って来て数日。様子を見ていたけど、勤勉な椿を連れて、俺が足抜けを考えるなんて懸念は誰一人、女将ですらしていない」

椿   「・・・っ、・・・、・・・っ、ぁ、あたし・・・」

蓮太郎 「夕方、帰るかって聞いた時に帰ると言ったら、諦めた。なのに・・・、・・・、帰りたくないなんてあんな顔で言われたら、帰したくなくなる」

椿   「・・・、けど・・・、あ、たし、は・・・、んっ」

蓮太郎 「・・・(接吻け)。好きだ、りん。・・・、俺に命を懸けてもいいって、言った。預けてくれないか?」

椿   「怖い・・・」

蓮太郎 「必ず、守る」

椿   「・・・っ! ・・・いや」

蓮太郎 「りん・・・っ!」

椿   「二度と、こんな好機がない事くらいあたしでも判るよ? 蓮太郎が守るって言うなら絶対に守ってくれるのも判る。きっと少しの危険も感じさせないように注意を払って、守り切ってくれるだろうね」

蓮太郎 「なら」

椿   「蓮太郎は?!」

蓮太郎 「・・・っ」

椿   「蓮太郎はあたしの為に自分を棄てるでしょう? 追手が離れるまで、捜索が終わるまで一体どれくらいかかるの? そもそも終わるの? 人相書きだって配られるよね? 誰が知ってて誰が知らないかなんて判らないのに常に蓮太郎は警戒して落ち着く暇なんて無くて」

蓮太郎 「・・・」

椿   「いつか、帰らなくなる蓮太郎を、あたしがただ待ってるだけになる」

蓮太郎 「俺が死ぬと?」

椿   「お父さんのお墓、近いんだっけ? 今の蓮太郎の気持ちとか全部、お父さんのお墓に行って暴露できるなら、逃げよう?」

蓮太郎 「・・・っ。・・・、狡い、な」

椿   「あたしは贅沢だから・・・、幸せになりたいの。蓮太郎と二人なら猶更幸せでないと意味がないの。好きだから、あたしの為に簡単に命を棄てようとする蓮太郎なのに、こんなに好きだから。一緒に幸せになりたいの」

蓮太郎 「大門の外での幸せは考えられないか?」

椿   「苦界が好きな訳じゃないの。外に出たくない訳でもない」

蓮太郎 「それなら」

椿   「でも! あたしの居場所は蓮太郎の傍なんだって思うから、安心して傍に居られる所じゃなきゃ嫌なの。生きて、一緒に過ごして行きたいの。その為の負担を蓮太郎だけが背負ってあたしが呑気に暮らしていけると思わないで?」

蓮太郎 「俺だって死にたい訳じゃない。命を懸ける様な事があったって最大限生きる努力をしてる」

椿   「・・・、蓮太郎が若衆の仕事してない時、どこで何してるか知らないし、聞かない。でもね、命の危険がある事は判る」

蓮太郎 「・・・、聞かないと言われたってこれだけ近くに居ればもう隠し立てする方が困難だ」

椿   「・・・いつだって、ちゃんと帰って来るかどうか不安で仕方ない。隼人さんから、蓮太郎を殺すって言われた時は本当に寒気がして怖かった、同時に本当に蓮太郎はそんな危険な仕事をしてるんだって理解した」

蓮太郎 「それは・・・。隼人との事は俺も完全に予想外だったから。椿が隼人から何を聞いたのかも判らない。正直、知らないと言いつつ、もしかしたらと思ってもいる」

椿   「知らないよ・・・? 隼人さんのいう事があたしに揺さぶりを掛ける為の嘘ならって考えると信憑性なんてどこにもないもの」

蓮太郎 「そうだな。接触したくなくてももう一度会う必要も、対峙する必要もあるんだろう」

椿   「・・・我儘を言うなら、あたしを遊郭から連れ出すより蓮太郎にその仕事を辞めて欲しいよ。投げ出せるなら投げ出してほしい」

蓮太郎 「・・・っ?! って、・・・辞める?」

椿   「・・・無理なの判ってるから聞き流してくれていいよ」

蓮太郎 「・・・ん・・・。ごめん」

椿   「あたしは、蓮太郎がお料理番の仕事が好きなのを知ってる。その仕事だけに従事してくれたらいいと思ってる。蓮太郎が夜中に抜け出すのを見掛けると朝見世にいる事を確認しないと怖くて眠れない」

蓮太郎 「気付いて、いたのか? いつから?」

椿   「新造の時から・・・、知ってた。ただね? そんな勝手な心配されても困るだけだって知ってる。でも本当に怖いの、いつか待ってても蓮太郎が帰って来なくなるんじゃないかって思うと背筋が冷える・・・、だから、ぅ・・・、くっ、ふ・・・」

蓮太郎 「・・・、また・・・、泣く。苦手だって、何度言えば」

椿   「ごめん・・・。困らせてばっかり・・・、ごめんなさい」

蓮太郎 「泣かせてるのは・・・、俺か」

椿   「蓮太郎が帰って来ない事を考えたら、今がもしかしたら一番幸せなんじゃないかって、そんな風に思えちゃうから。危ない事をして一緒に居られる時間を失くしたくない。ごめんね、勝手なの判ってる。でも、傍に居て欲しいの、好きだから・・・、傍に居てくれるだけでいいの。大きな事を望んで全部なくなっちゃうくらいなら何も望まない。好きなの」

蓮太郎 「・・・ん」(接吻け)

椿   「・・・ん、ん・・・、好き、蓮太郎。あたし・・・、我儘ばかり言ってる。ごめんね」

蓮太郎 「なんで謝る。・・・、全部俺の為じゃないか」

 

 

 

椿   「夜が・・・、明けちゃったね」

蓮太郎 「・・・ん」

椿   「なんで、そんなにぶすくれてるのよ」

蓮太郎 「決死の覚悟で準備したのに」

椿   「あ・・・、あのさ! ちょっと旅行行こうってノリで足抜けしようって言われて簡単にできる筈ないでしょう? 馬鹿なの?!」

蓮太郎 「馬鹿って・・・。・・・そんなに軽く考えてない」

椿   「じゃあ、あたしが蓮太郎の意思に流されて『足抜けしよう』『うん、判った』って簡単に答えたら、それはそれで問題あるでしょう?」

蓮太郎 「・・・むぅ」

椿   「んー・・・、もう、唇ヒリヒリするって言うか、口が疲れた・・・。一晩中接吻けされるなんて思わなかったよ、魂魄吸い尽くされるかと思ったよ、蓮太郎は私を殺す気ですか! お仕事するより疲れた!」

蓮太郎 「だって、夜の椿を独占できるとか滅多にないし、そもそも初めてというか。しかも浴衣だから抱き心地いいし、離したくないから・・・、・・・、・・・ふぁ」

椿   「て・・・、え?! れ、蓮太郎?! 人の唇、夜中吸い尽くしてなんで今眠たくなってるのよ?!」

蓮太郎 「ん、あぁ・・・、大丈夫、帰れる。眠い・・・、けど、帰れる」

椿   「あたし、道判んないからね?!」

蓮太郎 「あー・・・、じゃあそのまま関所迂回して山道入って」

椿   「だーめ!!」

蓮太郎 「むぅ」

椿   「なんでそんな駄々っ子みたいになってるの? もう」

 

 

 

女将  「んで、どこで何してたんだい」

椿   「ぇう・・・、その」

蓮太郎 「道に迷いました」

女将  「お前が? 道に迷った?」

椿   「花火、見てました」

女将  「河川敷のかい・・・。て、一晩中帰らずに? 裏茶屋とかじゃなくて? 河川敷? お前達も大概馬鹿だねー?」

蓮太郎 「むー・・・、忘八筆頭総名主が遊女かどわかしを推進してるとでも? それならそれで」

女将  「馬鹿かお前は。かどわかしなんて赦す筈ないだろう。けど、もう少し上手な嘘がつければ、少し楽だったんじゃないのかい?」

椿   「そうやって、変な言い方して人を唆して」

女将  「口を噤めばバレない事だってあるだろう」

椿   「・・・う」

蓮太郎 「三十路の大年増がなんか言ってる」

女将  「あぁ?!」

蓮太郎 「何でもありません」

女将  「で・・・、牡丹と辰巳は一緒じゃなかったのかい」

椿   「一緒じゃありんせんよ? 祭りの的屋通りで別行動にしんした」

蓮太郎 「・・・、まさか、帰っていないんですか?」

椿   「え」

女将  「帰って来てないよ。二人とも」

蓮太郎 「迷った、筈はないですね。辰巳さんがいるのに」

女将  「二人とも良く聞きな。他の付け馬達が津止屋の動向が怪しいと伝えに来た。・・・せがれが、数日前から行方をくらましていると」

蓮太郎 「津止屋のご子息が? 行方不明って、自ら家を出たんですか? それとも事件に巻き込まれたんですか」

女将  「状況的にはせがれが自発的に家を出た可能が高いと。書置きも何もないが、大旦那ととんでもない喧嘩をしたのと近所からの情報で聞き及んでいるらしい」

椿   「・・・っ?!」

蓮太郎 「喧嘩の上で、家出ですか。五百扇屋の時にも思いましたが商家の二代目と言うのはどうしてこうも考えなしが多いんでしょうね」

女将  「そうかい、知らないなら呼び付けて済まなかった。ひとまず寝て、夜の準備に入んな。番所に届け出て来る」

 

 

 

椿   「ごめんね、蓮太郎。あたし、夜見世の支度なんてしていられない」

蓮太郎 「って?! ど、どこ行くんだ椿! 待て!!」

椿   「牡丹姐さんを探しに行ってくるの! 止めないで」

蓮太郎 「椿・・・! 津止屋様は牡丹花魁の客だ。椿が出来る事なんて何もない!」

椿   「客の内情な深く知ろうとして出来ない訳じゃない。津止屋のご子息を唆しているのは菱和屋様なのよ!」

蓮太郎 「そんなのは見世だって予想済みだ! けど株仲間が関わっている以上深入りするのは危険だ」

椿   「両替商の同業の大店は協力体制を整えつつあるのに、末端で小競り合いなんて馬鹿げてる!」

蓮太郎 「そこまで判っているなら、椿はもう関わるのをやめろ。いいように菱和屋に利用されるだけだろう?!」

椿   「・・・蓮太郎」

蓮太郎 「何・・・、・・・っ」

椿   「ん・・・」(接吻け)

蓮太郎 「椿」

椿   「ごめんね、牡丹姐さんが心配なの。あたしの我儘だから、蓮太郎は何もしなくていいよ。それじゃ・・・」

蓮太郎 「椿・・・っ!」

椿   「ごめんね!」

 

蓮太郎 「・・・、待て、待て動揺するな。ちょっと待って、今椿から接吻けされた、・・・、そうじゃない。そうなんだけど、ちょっと落ち着け俺。重要なのはそこじゃない、あ、いや、俺にとっては何より重要なんだけど、違うんだ、・・・、ダメだ。眠気含めて色々飛んだ」

 

 

 

椿   「牡丹、姐さん・・・?」

牡丹  「・・・、椿?」

蓮太郎 「・・・っ、辰巳さん?」

牡丹  「ずっと声を掛けておりんすに、返事をせんのでありんす」

蓮太郎 「椿、牡丹花魁をとにかく見世まで連れて帰ろう」

椿   「・・・ん。姐さん、目立ちんす。頬かむりをしっかり被ってくんなんし」

牡丹  「辰巳と一緒に帰りんす」

椿   「・・・、牡丹姐さん、一旦見世に戻りんしょう?」

牡丹  「嫌じゃ・・・。一緒に帰る」

蓮太郎 「牡丹花魁、辰巳さんは既に亡くなっています」

牡丹  「話をしておりんしたよ・・・? さっきまで。手に職を付けるなら、今なら何ができるかと、どんな仕事が好きかと、笑顔で・・・、話しておりんした? 人がぶつかって、倒れこんでから返事をせんくなった。わっちは何か気に入らんことを言ったのでありんしょうか?」

椿   「・・・お願い!! ここじゃ目立つの!! 一緒に帰って来て・・・っ!!」

 

 

 

女将  「牡丹」

牡丹  「・・・、時の過ぎ去るは疾くが如し・・・。人の想いも何もかも強欲に飲み込んでいつか巨大な物の怪になってこの世界を飲み込むやもしれんせんな・・・」

女将  「何となく判っていたよ。辰巳に惚れていたんだね」

牡丹  「女郎が誠に人を想うは、罪だとでも言わんばかりでありんすな。こんな、あっという間に奪い去られるなん思いもせんかった」

女将  「付け馬はね、入れ替わりが激しいんだよ。・・・意味が判るかい?」

牡丹  「判らん。・・・判りたく、ありんせん。辰巳は、それでも己の仕事に責任を持っておりんした」

女将  「人の恨みをもっとも買う仕事なんだ! まともに畳の上で死ねる仕事じゃない!」

牡丹  「何ゆえでありんすか?! おかしいとは思いんせんのか! 遊蕩した癖に、わっちを買って散々凌辱して金を使った癖に! その金を請求したら払わずに殺す!! そんな理不尽が通用しんすか!」

女将  「お前・・・、気付いていたのかい。辰巳を殺したのが津止のせがれだという事に」

牡丹  「おきちゃの名前も顔も忘れたりはしんせん。最近まで通っていたのなら猶更」

女将  「津止屋に支払いの請求を何度も行かれるのは困るというが、そんなのは通用しやしない」

牡丹  「見覚えのある歩き方だと思いんした」

女将  「津止のせがれかい?」

牡丹  「真っ直ぐにこちらへ向かって歩いてくるのをわっちは確かに判っていた筈なのに」

女将  「止められなかったかい」

牡丹  「頭が真っ白になって・・・、辰巳に逃げてと言おうと思ったのでありんす。けんど、声が出んかった」

女将  「普通の女は恐怖でそうなるさ」

牡丹  「喉に蓋をされたかのように息が詰まって声も出せず・・・っ!」

女将  「お前のせいじゃない!」

牡丹  「わっちは! 津止屋様が鞘から抜いた脇差を持ってまっすぐ歩いてくるのが見えていたのに! 辰巳にただの一言も、何も言えんかった!!」

女将  「もういい!!」

牡丹  「わっちが辰巳を殺したようなもんじゃ!!」

女将  「違う!」

牡丹  「声が出なくても、辰巳を突き飛ばせばよかった、わっちが前に出ればよかった、立ち塞がればよかった! 何度考えても助けられる方法が沢山あった筈なのに! わっちは何もせんと呆然と立ち尽くしてただけでありんす!」

女将  「牡丹・・・っ! ・・・、自分をそんなに責めるんじゃない」

牡丹  「わっちが奪い取った金じゃ!! わっちが死ねばよかった!!」

女将  「馬鹿言うんじゃない! 矛先を間違えるんじゃない! 殺したのは津止のせがれだ!!」

牡丹  「辰巳が死ななければならない理由なんどこにもありんせんかった!」

女将  「妓夫(ぎゆう)が津止のせがれを捕まえたよ」

牡丹  「・・・っ!」

女将  「お前に大きくかかわっている事だ。辰巳の一件を失くしても知っておかなければならない事」

牡丹  「どこにおりなんすか!!」

女将  「見世で裁くよ。お前に殺させる訳に行かないんだ!」

牡丹  「どこにいるか聞いておりんす! 言いなんし!」

女将  「お前はお職だ! 牡丹! 若山の頂点なんだよ! 一人の男に肩入れして人を殺すなんて醜聞を晒すんじゃない!」

牡丹  「そんじゃあ・・・、わっちの恨みは・・・、この気持ちは・・・、誰に向ければいいのでありんすか」

女将  「耐えな。それが出来る妓(おんな)の筈だろう、お前は!」

牡丹  「・・・っ!」

女将  「そうあるべく、今までお職として生きた。そうだろう・・・」

牡丹  「一人に、して・・・、くんなんし・・・」

女将  「二日、休みな。元のお前を取り戻す時間だ。いいね」

 

女将  「心を棄てなお律、あんたはこの若山の総名主だ。若衆一人死んだからと取り乱すな。付け馬は見世の鉄砲玉だ。

客の恨みで殺されるのは当たり前だ。次の付け馬をあてがって、津止の借金を回収しろ。それが勤めだ。

泣くな、この程度で泣いては恥だ。仕事を、しな」

 

 

 

椿   「姐さん、失礼致しんす」

牡丹  「出て行きなんし」

椿   「用事が終わったら、出て行きんす」

牡丹  「用事・・・?」

椿   「牡丹姐さんの袂に入っているお守りを貸してくんなんし」

牡丹  「何を・・・」

椿   「辰巳さんの、髪を貰ってきんした。このお守りに一緒に入れてもよろしんすな・・・?」

 

(回想)

辰巳 「いつか・・・、あなたが袂に隠すお守りを、俺が貰い受けられればと思っています」

 

牡丹  「貰い受けるなん・・・、おんしがお守りになってどなんしんすか・・・。辰巳」

椿   「そんじゃ・・・、失礼致しんす」

牡丹  「なぁ、椿・・・。わっちは、辰巳を想ってはならんかったでありんしょうか・・・?」

椿   「牡丹姐さん、愚問でありんすよ」

牡丹  「愚問・・・?」

椿   「神仏がダメだと言うたとて、人が人を想うをやめられんしょうか? 己の心に歯止めが利きんしょうか?」

牡丹  「・・・っ」

椿   「見世が、秩序が、法が、神仏が、人が、皆口を揃えて花魁が、お職が男に恋をしたと嘲笑や叱責したとして、恋慕の念を棄てられるならそん時はやめればよろしんす」

牡丹  「椿は、蓮太郎を想うのをやめられんかったんでありんすな」

椿   「誰かに赦しを得なければならない様な恋はしんせん。自分の心に想う人くらい自分で決める。だから、姐さん」

牡丹  「・・・ん?」

椿   「もう、泣いてもいいでありんす」

牡丹  「・・・っ!!」

椿   「誰にも責めさせたりなんてしない。泣かなければ姐さんが壊れてしまう」

牡丹  「ぅ・・・、ふ・・・」

椿   「牡丹姐さんにも辰巳さんにも、罪も咎もありんせん。本来待っていた筈の年季明けは辰巳さんと共に大門を出る事だった筈」

牡丹  「た・・・、つみ・・・。たつみ・・・。ぅ、うぅ・・・っ!」

椿   「人を偲んで流す涙に何の罪がござんしょうか」

牡丹  「ふ、ぅ、うぁ・・・、うあぁああぁああぁあぁぁん!!」

 

 

 

牡丹(M) 「人を想う事が罪ならば、何故心がありんしょうか。神仏は罪穢れを重ねさせる為に人に心を与え賜うたか。我等女郎には人並みの恋慕さえ赦されぬのでありんしょうか? もしもそれが試練だとするならば幾つ苦行を重ねればわっちらは救われんしょうか。夏祭りの後の閑散とした静けさは生涯消えぬ傷痕をわっちの心に遺しんした。